アダルトチルドレンな現状を変えないのは、単なる怠惰。自分の意思で変えられる。

The following two tabs change content below.
メンタルケア・スペシャリスト。毒母と機能不完全家庭による心の病を克服した経験を活かし、アダルトチルドレン克服法を発信中。
>>詳しいプロフィール

こんにちは!アダルトチルドレン克服法ブロガー神山さとみ@kamiyama_sat)です。

ネガティブな状態だった以前の自分を思い出すと、つくづく思います。

ネガティブな殻を破ろうとしないのは自分でしょ

【補足~初めてこのブログを読む方向け~】
私は、今では毎日前向きに幸せいっぱいに過ごしています。しかし、私の母は、心理的虐待を行う毒親でした。私は、毒母から受けた四六時中続く罵倒などによる心の傷に苦しみ、生きづらさを抱えるアダルトチルドレンになったものの、26歳の時に克服した、という経緯があります。▶詳細はこちら


1.毒親の毒に苦しみ続ける
2.克服する

等々の選択肢がある中で、

自分自身が苦しみ続ける状態を選んでいるのであって、
誰も心の強制はしていないはずなのです。

他の国だったら、
親の元からいなくなるだけで生死が関わるかもしれません。
でも、日本ではそんな現状無いですよね。
(私が知る限りですが)

「自信を持つ 方法」
「アダルトチルドレン 克服 方法」
とかとか

google検索で出てくるじゃん!!です。

慣れた環境を変化させるのはエネルギーがいるし、
ずっと現状に浸っているのは楽かもしれません。

ネガティブな感情に浸るのも、
変な快楽があるなとも思います。

私もALIPR○JECTのドロドロした曲を聞いたり、
死をイメージしたり、
ネガティブに浸っていた時は、
なんとなく不幸に酔っていた気がします。

タイムマシンで当時の自分に会いに行けるなら、

「自分の不幸な境遇に酔ってないで、早くどうにかしようと行動しなさい!」

と急かしたいです。



もしこのままじゃ嫌だと本当に思うなら、

しっかり一歩一歩自分の足で自分の意思で前進しましょう。

▶こんなにつらいの!と被害者意識に埋もれすぎているときは、まだAC克服の時期じゃない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

★今までの私のアダルトチルドレン克服法の
ノウハウを全部つぎ込んで、
無料配布することにしました★

 

総ページ50ページ以上の大ボリュームE-bookです。

 

心の傷や生きづらさを解消して、
自信と自尊心を持って楽しく生きる方法を、
全部一冊にまとめました。

 

是非あなたの毎日を楽しく幸せにするためにご活用ください!

e-book-img