SPONSERED LINK

ルール違反のお客様にも、笑顔で優しく。オレボステーション大津屋のお客様対応が勉強になる。

The following two tabs change content below.
メンタルケア・スペシャリスト。毒母と機能不完全家庭による心の病を克服した経験を活かし、アダルトチルドレン克服法を発信中。
>>詳しいプロフィール

私はカンブリア宮殿が大好きです。人生勉強にもなります。

ということで、自分の備忘録ついでに、気になった部分を記事にしておきましたのでぜひ!

SPONSERED LINK

できたて惣菜、イートインスペース。福井で大人気のコンビニチェーン「オレボステーション」

今回のゲストは、大津屋の小川明彦社長です。

大手チェーンの経営統合や、地方コンビニチェーンの淘汰が進むコンビニ業界。その中にあって、客単価で全国2位、平均日販でも大手を押しのけ、4位という実力を誇る地域密着型のコンビニがある!そのコンビニを運営するのが福井市近郊でチェーン展開する「大津屋」だ。店の名前は「オレボステーション」。福井市民で知らない人はいないと言われる人気のローカルチェーンだ。-公式サイト

「1g=1円」。量り売りのバイキングスタイルのお弁当。

IMG_1719

オレボステーションには、お客様が自分で好きなお惣菜をとれる、量り売りタイプのお弁当があります。値段は、gによって変わるのです。

https://twitter.com/maithiru97/status/672613149384708096

社長が、他社と同じやり方ではだめだと考え、このスタイルを作ったそうです。「量り売りで1g=1円とした方が分かりやすい」という理由からでした。

もちろん赤字になる商品もあるそうで、お惣菜だと「100g=358円」のエビチリも、バイキングでは「108円」になります。

この量り売りバイキングを始める前は、社員から

「丹精込めて作って358円で売れるものを108円で売って損をするなんて!」

と非難轟々だったそうです。そりゃそうですよね笑

バイキングで、ルールを破ってしまうお客様には、笑顔でご指摘。

img_63ff43e269690b900b2be068b61a1d3c340445

こちらのバイキングでは、ご飯を150g以上はよそってもらう決まりになっているそうです。

しかし、ご飯の上にカレーやエビチリを乗せてしまうと、お惣菜のグラムと値段は正しく測れません。

お客様がそういった「やんちゃ(ルール違反)」をする場合もあるけれど、

「本当は悪いな」

と思っている部分もある、と仰る社長。笑顔で攻撃的ではなく

「次回からお願いします」

と言いながら、惣菜ビジネスを通じて道徳の授業をやっている気落ちでやろう、と社長は社員さんをなだめたそうです。

ルール違反をした本人も、「悪かったな」という気持ちを持っている。

福井という田舎だからできたスタイルだ、と仰る小川社長。基本的には真面目で実直な人が多く、一回くらい反則をしたとしても、

「この間は悪かったな」

という気持ちを持っていると言います。

だから、「今度からお願いしますね」というと、それが広がって他の方々も真面目にやってくれる。一回はルール違反をやっても、連続ではやりにくい、というお話でした。

まとめ。良心を認めてあげる。

私は「ルールがちゃんとまわってなければ、どうせ人はラクな方に逃げて、悪いことをするもの。」と思っていました。

でも、小川社長の「その人の良心を認めてあげる」という姿勢が、すごく優しいなと思いました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

★今までの私のアダルトチルドレン克服法の
ノウハウを全部つぎ込んで、
無料配布することにしました★

 

総ページ50ページ以上の大ボリュームE-bookです。

 

心の傷や生きづらさを解消して、
自信と自尊心を持って楽しく生きる方法を、
全部一冊にまとめました。

 

是非あなたの毎日を楽しく幸せにするためにご活用ください!

e-book-img