【アダルトチルドレン克服法】マイナスの思考を捨てる

The following two tabs change content below.
メンタルケア・スペシャリスト。毒母と機能不完全家庭による心の病を克服した経験を活かし、アダルトチルドレン克服法を発信中。
>>詳しいプロフィール

アダルトチルドレン克服に効果的なこと。

それは、マイナスの思考を捨てることです。マイナスの思考を捨てるには、コツがあります。

【補足~初めてこのブログを読む方向け~】
私は、今では毎日前向きに幸せいっぱいに過ごしています。しかし、私の母は、心理的虐待を行う毒親でした。私は、毒母から受けた四六時中続く罵倒などによる心の傷に苦しみ、生きづらさを抱えるアダルトチルドレンになったものの、26歳の時に克服した、という経緯があります。▶詳細はこちら
SPONSERED LINK

「じゃあどうしよう?」を習慣にする。

マイナス思考を捨てるには、コツがあります。

それは、マイナス思考になっていることに気づいたら、「じゃあどうしよう?」と頭を切り替えることです。

人によって、考え方の癖があります。特に毒親育ちのアダルトチルドレンさんの場合、マイナス思考の癖が人一倍あると思います。マイナスな気持ちに浸り続けても、良いことはありません。頭を切り替える癖をつけることで、マイナスの思考でいる時間を減らすのです。

SPONSERED LINK

希望があると、心は軽くなる。

人は希望を感じると、心が軽くなります。

人間関係がうまくいかなかったら、「じゃあどうしよう?」を考える。
毒親の家庭でアダルトチルドレンになってしまったとしても、「じゃあどうしよう?」を考える。

見る方向がマイナス面から未来に変わるので、「どよ~ん」と重かった身体が軽くなって、気持ちもイキイキします。

常に「なんか生きることが辛い…」と思う癖があった。

私は以前は、特にトラブルが無くても、何かと「なんか生きることが辛い…」と思ってしまっていました。

少し眠くなっても、「なんか生きることが辛い…(-_-)」
曇り空を見ても、「なんか生きることが辛い…(-_-)」
紅葉を見ると、「なんか生きることが辛い…(-_-)」
ひと仕事終えると、「なんか生きることが辛い…(-_-)」

などなど。心の中で常にため息をついている状態でした。そのような状態なので、少しでもうまくいかないことがあると、

「ああ…私はアダルトチルドレンだから、うまくいかないんだ…」
「人と同じようにコミュニケーションさえできないんだ…」
「早く死にたい…」

とばかり、思っていました。でも、これも単なる考え方の癖なのです。

「じゃあどうしよう?」を習慣したことで、マイナスの気持ちに浸かっている時間がかなり減りました。


最初は、慣れなくて、億劫な気持ちになるかもしれません。でも、慣れるとサクッと切り替わるようになります。

是非、まずは一週間ほど、続けてみましょう。(健康ドリンクの宣伝みたいですね。)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

★今までの私のアダルトチルドレン克服法の
ノウハウを全部つぎ込んで、
無料配布することにしました★

 

総ページ50ページ以上の大ボリュームE-bookです。

 

心の傷や生きづらさを解消して、
自信と自尊心を持って楽しく生きる方法を、
全部一冊にまとめました。

 

是非あなたの毎日を楽しく幸せにするためにご活用ください!

e-book-img