SPONSERED LINK

芸能人の「○○に行った☆(キャピッ)」記事に負けたくないよ。

The following two tabs change content below.
メンタルケア・スペシャリスト。毒母と機能不完全家庭による心の病を克服した経験を活かし、アダルトチルドレン克服法を発信中。
>>詳しいプロフィール

note投稿記事、こちらにも投稿します。

***

つい先ほど
「noteに注力しよう…!」
「コンテンツの良さで勝負しよう…!」
「googleの検索アルゴリズムに左右されない売り方がほしい…!」

と思った出来事がありました。

それは、

「自分のイベントレポート記事(力作)よりも、芸能人の方の同じイベントレポート記事が検索上位になったのを見つけたこと。」

でしたorz

先日行った某イベントのレポート記事を書いたところ、多くの方に見て頂けていて、4日間PVがなんと4000PVになりました!見てくださった方ありがとうございましたm(_ _)m

書き直しを重ねて、昨日どうにか検索3位になりました。

1,2位には別のブロガーさんの記事(両方ともその方の)が。読んでみると専門知識が沢山盛り込まれた素敵な記事で、

「これはさすがに越えられないなーー」

と思いながら敬意の目で見ていました。

しかし、ついさっき見てみたら、検索順位に変化が。

1位 某芸能人さんAの記事
2位 某芸能人さんBの記事
3位 そのブロガーさんの記事1
4位 私の記事
5位 そのブロガーさんの記事2

となっていたのです。なんと。

SPONSERED LINK

某芸能人さん二人の記事を開いてみると、失礼ながら、想像通り

「○○に行った☆(キャピッ)」

という内容。


率直に感じました。

ひどい(´;ω;`)

もちろん芸能人さんにも沢山の読者さんもいらっしゃるはずだし、そもそもPV数も沢山あるはずです。ブログだけでなく、メディアでの頑張りもあるはずです。

しかし、あくまで主観ですが、「その検索ワードを含むコンテンツで、より良質な記事書いてるのは、そっちの記事じゃないでしょう…!」と思ってしまいました。

下に下がってしまった、専門記事もりだくさんのブロガーさんのコンテンツ、そのイベント愛にあふれている、本当に素敵な記事でした。

(もちろん今後、検索順位は変わるかもしれないですけれどね。)

なにはともあれ、「検索のアルゴリズム」よりも「コンテンツの質」で勝負できるところで発信したい、良質な記事がもっと見られる場所があってほしい、と感じた出来事でした。

noteでそういうプラットフォーム、文化を作って行きたいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

★今までの私のアダルトチルドレン克服法の
ノウハウを全部つぎ込んで、
無料配布することにしました★

 

総ページ50ページ以上の大ボリュームE-bookです。

 

心の傷や生きづらさを解消して、
自信と自尊心を持って楽しく生きる方法を、
全部一冊にまとめました。

 

是非あなたの毎日を楽しく幸せにするためにご活用ください!

e-book-img