先日、テーブルウェア・フェスティバル2016~暮らしを彩る器展~に行ってきました。

そこで感じたのが、

テーブルウェアを買うというのは、暮らしを買うこと

ということでした。

SPONSERED LINK

極論、食器は、100円ショップのでも、紙皿でもまかなうことはできる。けど。

テーブルウェアフェスティバルでは、素敵な食器、コーディネートがいーっぱいありました。和洋中の食器、繊細なカトラリー、色とりどりのクロス、深い色の漆器、温もりあふれる焼き物。

見てるだけでも「ほわ~~~。♡」とうっとりしちゃうようなものばかりでした!

とはいえ、テーブルウェアは食料品や日用品のような「必需品」ではありません。

食器類は100円ショップでも買えるし、極端な話、使い捨ての紙皿・割り箸でもまかなえますよね。作りおき料理なら、温めた後のタッパーのままでも食べることはできます。節約術を見ていると「洗う時間と水がもったいないから、食器にサランラップを巻いて、その上に料理を乗せて、食べ終わったら捨てる!」という方もいます。

でも、お茶碗ひとつでも変わると、気持ちも、生活もとーっても変わります。

SPONSERED LINK

お茶碗が変わった。毎日の暮らしが変わった。

最初は、以前から使っていた自分用のお茶碗を実家から持ってきていたので、それを使っていました。10年以上使っていて、愛着があるものでした。

しかし、それを落として割ってしまい、真っ二つに…。(ものすごくショック。)偶然にも、一緒に行った友人も最近お茶碗を割っていたので、それぞれ新しいお茶碗を買いました。

私が買ったのは、こちらの波佐見焼のお茶碗。お値段は1つ1000円台のリーズナブルなものです。

そして、新しいお茶碗でご飯を食べて感じたのです。

「ご飯を食べるときの気分が全然違う」

10年以上使っていたお茶碗は、ころんとした形だったので、持つと丸っこい気持ちになりました。その後、一ヶ月ほど来客用のお茶碗を使っていたのですが、そちらは薄い作りでだったので、とてもシャープな気持ちになりました。

今回買った波佐見焼は、どちらかと言うと形が最初のお茶碗寄り。厚めの丸っこい作りなので、丸っこくほんわりした気持ちになるんです。

お茶碗ひとつでも変わるだけで、気分が一新するのです。

何万円もする食器じゃなくていい。テーブルコーディネートも工夫次第。

紙皿や、タッパーでもご飯は食べられます。それを悪いことだとは思わないですが、実際にやると虚しく乾いた気持ちになるなあと思うのです。

テーブルウェアフェスティバルで見た色とりどりの食器類は、生活必需品ではありません。でも、それを使って食事をする気分は、紙皿やタッパーとは全然違うと思うと思うのです。

「毎日の生活を丁寧に、を意識すること」

とっても大切だなあと感じました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ご案内

メインのブログ(書評、ミニマルライフ中心)

神山さとみプロフィール


おすすめ図書

26歳でアダルトチルドレン克服した私が選ぶ!AC克服におすすめな本11冊まとめ。

毒親・アダルトチルドレン関連のおすすめ本まとめ[随時更新]


人気記事

毒親の母を持つ私が、26歳でアダルトチルドレンを克服した14の方法。

もう無理しなくていい。しんどい友達や恋人と縁を切るべき4つの理由。

私の親は毒親?簡単に診断できるチェックリスト66項目。

スポンサーリンク


私が26歳でアダルトチルドレンを克服した方法を、
全部詰め込んで「無料」で配布しています!


私はこの方法で毎日が幸せいっぱいになりました。
合計100ページ以上の大ボリュームE-bookです。

是非ダウンロードして、あなたの毎日を幸せいっぱいにしてください!