たとえば、子供の頃に親や先生から「ご飯は残しちゃだめ!!」と怒られつづけていたら、大人になってもご飯を残すことが怖くなってしまいます。

また我慢は怒りに変わるので、ご飯を残す他人にいらついたり、否定したりしてしまうかもしれません。

 

 

 

「ご飯は残しちゃだめ!!」「ご飯を残しても良い」「誰かに否定されても、自分の心地よさを守る」と上書きして、嫌な気持ちになるなら食べないように実践してみる。

すると、「誰かに否定されても、自分の心地よさは守られる。自分の安全は確保される。」と思えるようになります。

 

 

今まで、自分を「ご飯を残しちゃだめだ!!」と抑えつけてしまってた人がご飯を残すのは、かなり勇気がいることだと思います。

 

でも3回チャレンジをしてみたら、驚くほどなんてことなくなります(*⁰▿⁰*)

 

まずは、一歩踏み出してみることが大切です。一歩踏み出せたら、世界が変わりますよ!