SPONSERED LINK

毒親に同情しすぎない。苦労は子どもを傷つけて良い理由にはならない。

The following two tabs change content below.
メンタルケア・スペシャリスト。毒母と機能不完全家庭による心の病を克服した経験を活かし、アダルトチルドレン克服法を発信中。
>>詳しいプロフィール

苦労のせいで毒親になったら、
子どもを傷つけても仕方ないのか?

というお話です。

SPONSERED LINK

毒親が、毒親になる理由

【補足~初めてこのブログを読む方向け~】
私は、今では毎日前向きに幸せいっぱいに過ごしています。しかし、私の母は、心理的虐待を行う毒親でした。私は、毒母から受けた四六時中続く罵倒などによる心の傷に苦しみ、生きづらさを抱えるアダルトチルドレンになったものの、26歳の時に克服した、という経緯があります。▶詳細はこちら

毒親はなぜ毒親になってしまうのでしょうか?

私の母が毒母になったのは、
毒母自身の母親(私から見て母方の祖母)が毒母だったから
のようでした。

つまり毒母は、私にしたような
キツイコミュニケーションの仕方しか知らなかった
のです。

祖母は、穏やかな父が「俺もあの人にかなり迫害された…」
と言うほど、激しい方のようでした。

また、母の姉が病気で、祖母がつきっきりだったため、
母は寂しい思いをしていたということでした。

SPONSERED LINK

毒親の生い立ちに同情しすぎない

だからといって
「苦労した背景があるなら、子どもを怒鳴り散らして、
苦しい人生を送らせたとしてもしょうがないね」
と、許せるものではないし、
子供を傷つけて良い理由にはならないと思うのです。

毒親の生い立ちを理解はしても、
自分自身が苦しくなってまで同情するのは、
あまりオススメではありません。

変な我慢をしないためにも、
「親も苦労したかもしれない。でも、私も苦しめられた。」
と、ありのままを受け止めるのがオススメです。

毒親育ちの自分が、毒親になってはいけない

アダルトチルドレン克服は
自分自身の幸せのためにも重要ですが、

自分が親になった時に

自分自身が毒親にならないようにするためにも重要です。

負の連鎖は自分のところで断ち切りましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

★今までの私のアダルトチルドレン克服法の
ノウハウを全部つぎ込んで、
無料配布することにしました★

 

総ページ50ページ以上の大ボリュームE-bookです。

 

心の傷や生きづらさを解消して、
自信と自尊心を持って楽しく生きる方法を、
全部一冊にまとめました。

 

是非あなたの毎日を楽しく幸せにするためにご活用ください!

e-book-img