「こんな辛いトラウマ、忘れられたら良いのに…」と思ったことはありませんか?

結論、忘れることはできます。

SPONSERED LINK

自分の毒親体験をブログに書こうとしたら…思い出せない…!

【補足~初めてこのブログを読む方向け~】
私は、今では毎日前向きに幸せいっぱいに過ごしています。しかし、私の母は、心理的虐待を行う毒親でした。私は、毒母から受けた四六時中続く罵倒などによる心の傷に苦しみ、生きづらさを抱えるアダルトチルドレンになったものの、26歳の時に克服した、という経緯があります。▶詳細はこちら

私は「毒親に苦しめられた実体験を元に、同じ境遇の人を助けたい。」という気持ちで、2015年11月末からこのブログを始めました。

まず、書かなければと思ったのが、自分の過去の実体験。これがないと、AC克服法が薄っぺらくなってしまいます。

毒母から受けた罵倒の数々、辛い傷、苦しい過去。

ネタも豊富だし、尽きることなんてない!

さっそく書こうとしたところ





アレッ?(*º ㅅ º)


思い出せない…

毎日あれほど苦しい思いをしてきたはずなのに?!

なんと、毒親から受けた辛い出来事を、忘れてしまっていたのです(*o ロ o)

びっくりしましたが、ネタがなければ始まりません。
とりあえず、過去の日記を読んで「ああ、そうそうこれこれ、あったあった。」と思いながら、自分の毒親体験を思い出しました。

そう、「一生引きずっていくんだ…」と思うような苦しいトラウマでも、忘れられるのです。

SPONSERED LINK

執着したままだから忘れられない

「こんな辛いトラウマ、忘れられたら良いのに…」

と思うこともあるかもしれません。

でもそれは、そのトラウマに「執着」しているからなのです。心の中で、トラウマに「執着」してしがみついているから、忘れられないのです。

辛いトラウマは浄化できれば、忘れます

執着しているから、忘れられずに苦しめられ続けます。

必要なのは、執着を手放すこと。そのためには、苦しい気持ちの浄化が不可欠です。

苦しい気持ちが浄化すれば、トラウマを忘れることができるのです。


もちろん、完全に記憶を消し去ることはできません。でも、どんなに辛いトラウマでも、日常生活の中から忘れることはできます。

「一生引きずっていくんだ…」と、後ろ向きにならず、ひとつひとつ浄化していきましょう。

感情を吐き出せ!私が毒親の26年間の虐待のトラウマを浄化した方法。

 

▼私がアダルトチルドレン克服でお世話になった本はこちら。是非読んでください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ご案内

メインのブログ(書評、ミニマルライフ中心)

神山さとみプロフィール


おすすめ図書

26歳でアダルトチルドレン克服した私が選ぶ!AC克服におすすめな本11冊まとめ。

毒親・アダルトチルドレン関連のおすすめ本まとめ[随時更新]


人気記事

毒親の母を持つ私が、26歳でアダルトチルドレンを克服した14の方法。

もう無理しなくていい。しんどい友達や恋人と縁を切るべき4つの理由。

私の親は毒親?簡単に診断できるチェックリスト66項目。

スポンサーリンク


スポンサーリンク




私が26歳でアダルトチルドレンを克服した方法を、
全部詰め込んで「無料」で配布しています!


私はこの方法で毎日が幸せいっぱいになりました。
合計100ページ以上の大ボリュームE-bookです。

是非ダウンロードして、あなたの毎日を幸せいっぱいにしてください!