誰でも簡単!1日数行書くだけで毎日が幸せになる「幸せ日記」がおすすめ。

The following two tabs change content below.
メンタルケア・スペシャリスト。毒母と機能不完全家庭による心の病を克服した経験を活かし、アダルトチルドレン克服法を発信中。
>>詳しいプロフィール

なんか悲しい。
なんか寂しい。
なんかネガティブな気持ちになる。
なんかやる気が起きない。

そんなときは、「幸せ日記」をつけるのがおすすめです。

ただ、ちょっぴりコツがあります。使い方を間違ってしまうと、本来の効果が出なくなってしまうのです。使い方を間違えてしまった私の失敗談と、本来の使い方を再度ご紹介!

なんか悲しい。なんかやる気がでない。

最近、気持ちが落ちていて、「なんかやる気が起きないなー。」「なんか悲しい。なんか気持ちが下がってる。」ということがありました。

しかし、何かトラブルなどがあったわけでもないのです。なんとなーく、そんな気持ち。

そんなある日。ご飯を食べていたときに、友達がふと言いました。

「このドリア、美味しいね~!」

私は、はっと気付きました。

そうだよ。美味しいんだよ。すっかりスルーしてたけど、今食べてるご飯、美味しいんだよ。

1日数行ノートに書くだけ。幸せ日記で毎日幸せが続く!

毎日を「幸せ」にするには、「幸せ日記」をつけるのがおすすめです。

その日にあった、幸せなできごと、嬉しかったできごと、などをノートなどに書くのです。数行でも構いません。

「今日食べたドリアが美味しかった」
「友達と喋って楽しかった」
「ネイルが可愛くできた」

でも、何でもオッケーです。

「“今日のラッキーカラーは赤”といわれると、街でその色ばかりに目が行く」という「カラーバス効果」のおかげで、プラスのことに目が行くようになります。さらに、それを繰り返すと、習慣となり、脳にプラスの思考回路が出来るそうです。

「幸せ日記」をつけると、プラスのことに焦点が当てられるようになります。すると、毎日がより幸せになるのです。

…と、私は以前ブログに書いてましたし、「幸せ日記」自体は今も変わらずつけていました。

参考:https://ac-happyskill.com/my-note-of-attraction/

しかし、最近、少し使い方を間違ってしまっていたのです。

私はこの数日、「幸せ日記」の使い方を間違えていた。

使い方をどう間違えていたかというと。

最近はブログに注力していたこともあり、「アクセス数が○UU上がった!」など、成果ばかり見ていたのです。

「今日は上がった!」
「今日はあんまり上がらなかった…」
「この記事はよく書けた!」
「この記事はあまりうまくまとめられなかった…」

などなど。

自分が「幸せ!」「嬉しい!」「楽しい!」と思うことをカウントするのを、すっかり忘れてしまっていたのです。「いいこと日記」が本来の使い方をされておらず、営業さんの改善ノートみたいになってしまっていたのです。

そりゃー毎日「幸せ!」と思うプラス思考が、ぽろっと抜け落ちるわけです。気持ちの部分がすっかり抜けているのですから。

家に帰ってから、急いで本来の書き方で「幸せ日記」をつけてみました。すると、さっきまで感じていた「なんか悲しい。」という気持ちが、どんどん小さくなっていき、「幸せ~」と思う気持ちが戻ってきました。ありがたや。

まとめ。

毎日を幸せにするなら、「幸せ日記」をつけるのがおすすめです。しかし、使い方を間違えたら効果がだいぶ薄れてしまいます。

「○○をした」「○○ができた」などの成果や行動ではなく、「幸せ!」「楽しい!」「嬉しい!」と思う、「気持ち」の部分を拾いましょう。

「プラスのこと」にフォーカスできるので、毎日幸せになりますよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

★今までの私のアダルトチルドレン克服法の
ノウハウを全部つぎ込んで、
無料配布することにしました★

 

総ページ50ページ以上の大ボリュームE-bookです。

 

心の傷や生きづらさを解消して、
自信と自尊心を持って楽しく生きる方法を、
全部一冊にまとめました。

 

是非あなたの毎日を楽しく幸せにするためにご活用ください!

e-book-img

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です