The following two tabs change content below.
アラサーの元AC。生きづらさを26歳で克服。自分が得た幸せに生きるノウハウを発信しています。今はHappyちゃんの宇宙理論に夢中。▶詳しいプロフィール

大人気ブロガーHappyちゃんがよく言っていますが、「わくわく」に従って行動すると、人目が気にならなくなります。

 

私も、今までは人目が気になってしょうがなかったのに、どんどん人目が気にならなくなってきました。

実感がありすぎて、本当にびっくりしていますΣ(゚Д゚)

仕事で疲れて頑張った自分へのご褒美はなにがワクワクするのか?
美容院へ行くことなのか、マッサージに行くことなのか

「自分が日常でワクワク出来るものを”選択”していく。」

これがポイントです。

日々こんな感じで小さな幸せを見つけては、かなり近い未来でより自分がワクワク出来ることを”選択”し続けてみてください。

引用:引き寄せの法則第16歩〜ワクワクについて考える②〜/Happyオフィシャルブログ

SPONSERED LINK

自分の願望をひとつひとつ叶えていくと、どんどん生命力が上がる。自信がついてくる。

Happyちゃんが繰り返し言っている方法を、数ヶ月ほど実践してみました。

  • 心地良くいられる行動をする。
  • 「わくわく」することをやる。
  • やりたいと思ってたことを全部やる。
  • 嫌な気持ちになるものをやめる。

 

 

すると、ひとつひとつ行動するごとに、どんどん生命力が上がっていく感覚を感じました。

Happyちゃんが「輪郭が浮き彫りになる」と書いていますが、まさにそんなかんじ。

 

あと今までは、自分と他人の境界線が、自分側に倒れているような感覚がありました。他人が自分の領域に侵入してきているというか、圧倒されている気持ち。

その境界線がまっすぐになって、さらに境界線が濃くなった感覚がありました。

 

図にすると、こんな感じ。

before)自分\他人

after)自分他人

 

胸のあたりの少し苦しかった感じが、すっきり消えました。

人目が気にならなくなってきた。他人の意見が気にならなくなってきた。

自分の生命力が上がって他人との境界線がしっかりすると、他人の意見が気にならなくなってきます。

 

例えば、最近だと、知人に自分のストレングスファインダーの結果を見せたときに、

知人「競争性は無くていいよー」

と言われたことがありました。(私の場合、競争性は8番目にあります。)

 

 

いつもだったら、

私「え、だめ?私のどういう時にそう思う?直した方が良いなら言ってーーー!!(>_<)」

という気持ちになってしまっていました。でもこの時は、

私「いいのー!私は競争して一番になりたいんだもの♪(*⁰▿⁰*)」

という気持ちになって、ブレずにいられたのです。

 

さらに、生命力が上がると自分への満足度も上がるので、どんどん自信がついてきます。

 

別の人と話してるときに、

私「やりたいことって、絶対叶うものですよね。」

という言葉がポロッと出てきて、自分でも「あれ?私からこんな自信満々な言葉が出てきた!Σ(゚Д゚)」と驚いたことがありました。

 

自分の望みを叶えていくと、自然と「自分の望みは叶えられる」という確信になっていくのです。

やりたいことを我慢してた人は、100円のコーヒーを買うことすら怖い。でも思い切ってチャレンジする。

やりたいことを我慢をするクセがついていると、最初は100円のコーヒーを買うことすら怖いかもしれません。

 

「コーヒーを飲んでほっとしたいな…でも必要が無いものにお金を使っちゃだめだ!」

という長年の刷り込みを越えて、

「良い気分になるために、自分のために100円を払う」

とするのは、ものすごいチャレンジになると思います。

 

 

私の場合は、人に意見を言うことにすごく抵抗がありました。

なので、人と一緒にいる時に「疲れたから休んでていい?」と言ったり、ネイルサロンでネイルをやって頂いている時に「お手洗いに行ってきて良いですか?」を言うのが、ものすごいチャレンジでした。

 

言う時に、「さ、さあ、言うぞ!!」と気持ちを整えてから言いました笑

 

 

最初の一歩は、「100円のコーヒー」や「休んでていい?」レベルの小さなものでも、ものすごくハードルが高いでしょう。

でも、一歩踏み出せさえすれば、もっとハードルの高いものでもラクにチャレンジできるようになります。そして、繰り返すうちに、どんどん大きなこともチャレンジできるようになっていきます。

 

私がチャレンジしていったことはこちら。

  • からあげ作りを習う(やりたかったけど後回しになっていた)
  • パジャマを買い換える(寝心地が悪いことに気づいて2万円の良い物を買った)
  • ラベンダーソフトクリームを食べる(ずっと食べたいと思っていた)
  • 山梨宝石博物館に行く(興味があったけど高速バスで往復4時間以上かかるので、ハードルが高かった。)
  • 紅生姜天を食べる(気になっていたけれど後回しになっていた)
  • ホットカーラーを買う(過去に一度買って捨てたものだったので買いにくかった)
  • 暗い色のコートを明るい色のコートに買い換える(値段が高いので躊躇していた)
  • 食べたい物を我慢しない(昨日と同じメニューでも食べたければ食べる)
  • 食べたくない物は買わない(栄養があるからと食べたくなくても買っていた)
  • 食べ物は苦しくなるなら残す(出された物は無理してでも食べていた)
  • カフェで好きなものを頼む(今までは一番安い物を頼んでいた)
  • 今まで買えなかった食材を買う(栄養があるものしか買っちゃだめという刷り込みがあった)
  • 疲れたらすぐ寝る(つい無理してしまっていた)
  • 自分の意見が浮かんだら言いにくいことでも言う(嫌なことを嫌と言えていなかった)
  • 一緒にいて楽しくない趣味グループと距離を置く(義務感で付き合っていた)
  • 少しでも気が乗らない予定は入れない(今までは少しでも気が乗れば入れてた)

 

どんどん消化していくほどに、どんどん自分の生命力が上がるのが実感できました。

「わくわくに従って行動すること」を実践すること。行動すれば分かる。

「わくわく」に従って行動すると、自分の変化をはっきり実感します。

 

でも、理解しただけでは「ふーんそうなんだ」だけで終わってしまいます。実践してみないと実感できません。

実際にやってみると、ちゃんと実感します。

 

最初から、

「会社を転職する」

みたいに大それたことをする必要はありません。

「良い気分になるために、飲みたかった100円のコーヒーを買う」

など、本当に小さなことの積み重ねで良いのです。

 

是非行動して実感してみてください。

ご案内

神山さとみプロフィール

Happyちゃんの宇宙理論関連記事


おすすめ図書

アダルトチルドレン克服のための本まとめ。

毒親・虐待・AC本まとめ。


人気記事

毒親の母を持つ私が、26歳でアダルトチルドレンを克服した14の方法。

もう無理しなくていい。しんどい友達や恋人と縁を切るべき4つの理由。

私の親は毒親?簡単に診断できるチェックリスト66項目。