私は以前、趣味が無くてとっても困った時期がありました。

SPONSERED LINK

夢中になれる趣味が見つからない。探しても探しても無い。

私は、大学時代はイラストを描くことが大好きで、毎日パソコンにかじりついてました。

が、だんだんイラスト熱が冷め、社会人2年目以降には何もハマれるものが無くなってしまいました。

 

イラストが好きだった頃は、毎日誰かの素敵なイラストに感動して、自分のスキルも上達させて、ときめきにあふれる日々を過ごしていました。

でも、当時のようなときめきが、全くなくなってしまいました。そうすると、毎日楽しくないのです。とにかくときめきがない!

 

社会人2~4年目の約2年半くらい、あまりにもパッとしなかったので、趣味にできそうなものを色々探しました。

 

本屋に行ったり、

友達に聞いておすすめしてもらったものを試してみたり、

とりあえずオシャレっぽいと思って社会人カメラサークルに行ってみたり。

 

結局、頑張って探しに探したのですが、全然ピンとくるものに出会えませんでした。

 

かなり辛かったです…。毎日つまらないし、ときめかないし、キラキラがなくなった気分でした。

 

他の人に話すと、

「趣味が無くてもいいじゃない!」

「趣味が無い、ブランクの期間ものんびり楽しめばいいじゃない!」

と言われます。でも私としては、趣味にときめいていた頃が楽しすぎたせいで、趣味が無い状態との落差が激しすぎましたw

 

私は「趣味が無くても困らない人って、趣味があることの楽しさを知らないだけなんじゃないですかね??」って思っています。

大ハマリする趣味との出会い。それは、偶然だった。

もう趣味を探すのにも疲れ果てて、探すのをやめていたときのこと。

 

近所のレンタルビデオ店にふらっとDVDを借りに行きました。

そこでは漫画のレンタルもやっていたようで、当時人気絶頂だったロードバイク漫画の『弱虫ペダル』を発見しました。

友達がいないオタクで運動音痴の小野田くんが、自転車競技部に入って、インターハイに出て、アツイ戦いを繰り広げる物語です。

前から気にはなっていたのですが、まだ読んでいなかったのでレンタルすることにしました。

 

すると、なんと私の胸に大ヒット!

家に帰って読み始めたら止まらなくなって、感動しすぎて泣きながら全巻読んでしまいました…!

 

その後、18万円もするロードバイクを買って(!)、ロードバイクで走ること自体に大ハマリして、レースに出て2度優勝したりして、今に至っています。

 

私は、やっと新たに夢中になれる趣味に巡りあえたのです。

出会いは油断しているときに訪れる。探している時じゃない。

私が新しい趣味に出会ったのは、頑張って探している時ではなく、むしろ、ぼーっとしている時でした。油断しているときにふっと見つけた感じです。

 

わざわざレンタルビデオ店に探しに行ったわけでもなく、そもそもレンタルビデオ店も、「なんかないかなー」程度で入った場所でした。

あれだけ探して見つからなかったのに、あまりにもあっけない出会いだったので、

「今までの努力って、一体なに?!」
「趣味って勝手にぽーんと舞い込んでくるんだな。」

と感じました。

気楽にいればいい。夢中になれる趣味はいつもあるものじゃない。

自分の実体験を振り返って感じたのが、

「全てはご縁。」

「ご縁は自分で得ようとして得られるものじゃない。」

「夢中になれるもはいつも巡り逢えているものじゃない。」

ということでした。

 

夢中になれる趣味に出会えていないときは、

「巡り逢えないときもある。無くても焦らない。恋人や親友との出会いのようなもの。今はそういう時期。」

と、の~んびり過ごしていれば良いんじゃないかなと感じました。

 

私は少し気持ちが辛くなるくらい頑張って探してしまいましたが、きっとそんなことはしなくて良かったのですw

あえて出会いを多くするなら。

あえて出会いを多くするなら、

  • やりたいことを片っ端から全部やること。
  • 気になったものは色々やってみること。
  • やりたくないけどやっていることをやめること。

です。

どんなことでもいいから、心に浮かんだことは、とりあえず、やってみましょう。(略)

「やりたいことがわからない」という人の殆どは、イメージのストックが圧倒的に不足しているのが原因です。イメージのストックは、見たもの・聞いたもの・体験したものなど、自分の経験からしか作られません。

自分の中の情報が増えれば、それだけ選択肢も増えます。

 

また、あまりときめかないことを辞めるのも大切です。

私はロードバイクに出会う前は、友達の趣味に付き合って毎日忙しくしていました。また、その友達との付き合いに対して、しんどい気持ちがありました。

でも、それをすっぱり辞めたことで、レンタルビデオ店に行く時間ができました。

 

欲しいもの(新しい趣味)に出会いたいなら、まずスペース(時間)を確保しましょう。

「鳥かごの法則」という法則があります。「人は欠けたものがあると、そこに物を補いたくなる。だから、鳥が欲しければ、まず鳥かごを用意しよう。ずっと鳥かごを見ていると、自然と鳥を得ようとするから。」というものです。

 

日々の時間の使い方を見直して、ときめかないものは断捨離しましょう!

まとめ。

何はともあれ、の~んびり気楽に構えて、気になることをひとつひとつやってみるのがイチバンですw

弱虫ペダル、大感動&激アツなので是非!

ご案内

メインのブログ(書評、ミニマルライフ中心)

神山さとみプロフィール


おすすめ図書

26歳でアダルトチルドレン克服した私が選ぶ!AC克服におすすめな本11冊まとめ。

毒親・アダルトチルドレン関連のおすすめ本まとめ[随時更新]


人気記事

毒親の母を持つ私が、26歳でアダルトチルドレンを克服した14の方法。

もう無理しなくていい。しんどい友達や恋人と縁を切るべき4つの理由。

私の親は毒親?簡単に診断できるチェックリスト66項目。

スポンサーリンク


私が26歳でアダルトチルドレンを克服した方法を、
全部詰め込んで「無料」で配布しています!


私はこの方法で毎日が幸せいっぱいになりました。
合計100ページ以上の大ボリュームE-bookです。

是非ダウンロードして、あなたの毎日を幸せいっぱいにしてください!