許せない気持ちを手放すには?「許せないと思っていい」と許可すること。

嫌だなと思うことがあったときは、「嫌って思っちゃだめ」って思えば思うほど、嫌でたまらなくなる。

まず「嫌だな」と思う自分の気持ちを許可してみる。

 

 

「嫌って思ってもいい」

「嫌なら距離を置いていい」

「嫌ならやらなくていい」

「嫌なら関わらなくていい」

 

 

「嫌だな」って気持ちにOKをすると、嫌な気持ちがかなり減る。

いくらか時間はかかるかもしれないけど。

 

 

たとえば犬が嫌いな人が、

「犬が嫌いって思っちゃだめ」

「犬を見たらかわいいって思わないとだめ」

「嫌いって思うあなたが悪い」

って押しつけられたら、きっと地球上の犬の存在が許せなくなってしまう。

 

 

まずは、「犬が嫌い」っていう自分の気持ちを許可してみる。

「犬を嫌って思っていい」

「犬がいたら遠くに離れていい」

そうすると、気持ちがだんだんやわらいでいく。

 

 

嫌な人がいても、

「嫌って思って良い」

「嫌なら離れて良い」

「無理に仲良くしなくていい」

「仲良くしろと言う人から離れていい」

 

 

したくないことがあったら、

「したくないって思って良い」

「したくないなら、しなくていい」

「しなさいって言う人から離れていい」

 

 

どんな自分の気持ちにも、どんな自分の行動にも、全部OKをしてあげる。

自分が自分の気持ちを否定してしまったら、苦しくてたまらない。

自分が、自分の一番の味方に、理解者になってあげる。

 

 

どんなことを感じてもいいんだよ。

どんなことをしたいと思ってもいいんだよ。

どんなことをしたくないと思ってもいいんだよ。

参考記事:自己肯定感をつけるには?自分にも自分の気持ちにもOKを出そう。