The following two tabs change content below.
メンタルケア・スペシャリスト。毒母と機能不完全家庭による心の病を克服した経験を活かし、アダルトチルドレン克服法を発信中。
>>詳しいプロフィール

幸せになるためには、「自分を許すこと」がとっても大切です。

私は自分を許せるようになって、生きることも、仕事も、人と話すことも、すごく楽になりました。

自分を許さなきゃ人も許せない

SPONSERED LINK

自分を許せないと、自分で自分を苦しめることになる。いつも自分の味方でいよう。

人は、失敗することも、できないことも、人にイラッとすることもあるし、ダメな部分はたくさんあります。

でも、それらを許すことができなくて、自分を責め続けてしまったら、自分で自分を苦しめ続けることになってしまいます。

 

例えば、私は以前、

  • 友達と喋っているときに、噛む。
  • 話がよく聞こえなくて、もう一度聞く。
  • ご飯を食べるのが遅くて、一緒にいる人を待たせる。

という、日常的な小さな出来事でさえ、

「失敗しちゃった…うわあああああ…!なんて自分はだめなんだ…!」

と絶望的になっていました。普通の人から見るとバカみたいな話なのですが、当時の私は真剣に困っていました(^_^;)

 

同じように、性格リフォーム心理カウンセラーの心屋仁之助さんが、

爆笑ものなんですが、家で一人でタマネギを切っていて
切り損ねてポロッとかけらを床に落としてしまう自分にも
罪悪感を覚えていたんです。

-その自分を許す具体的な方法を教えてくれよと思っていましたが/心屋仁之助

とブログに書いていて、「分かる分かる!」と思ってしまいました。

 

毎日幸せに過ごすには、自分の良い部分も悪い部分も全部、受け入れて許すことがとっても大切です。

 

一番身近にいる自分が、自分を攻撃する人間になっていると、二十四時間責められ続けることになってしまいます。

自分が自分の一番の味方になってあげましょう!

自分を許さなきゃ他人も許せない。

自分を許せないと、他人も許せなくなってしまいます。

 

例えば「人を待たせる自分が許せない」と思っていると、「人を待たせている他の人」も許せなくなってしまうのです。

 

以前、友達と3人で登山に行ったとき、そのうちの1人があまり登るのが得意ではなくて遅れてついてくる、というシチュエーションが何度かありました。

普通なら、何とも思わずに待っているのが当たり前だと思います。むしろ、

「お疲れさまー!大変だったよねー!^^」

などと笑顔で迎えるのが自然でしょう。

 

でも、私は頭ではそうすべきと思っているのに、心の中では、

「人を待たせて平気でいるなんて!!!(その子は結構頑張って登っていたにも関わらず。)」
「なんでもっと申し訳なさそうにしないんだろう!!!」
「はー温かい家庭でぬくぬく育った末っ子は羨ましいね!!!」

などと思ってしまっていました。こじらせ人間です…!

 

ただ少し遅かっただけなのに、私は心の中で彼女のことが許せなかったのです。頭では「そんな風に考えるべきじゃないよ!」と理性が言うのですが、心の中ではものすごく腹を立てていました。

 

自分を許せないと、他人も許せなくなってしまいます。

自分のことを許せれば、他人も許せるようになります。

失敗してもいい。できなくてもいい。

  • できないことがあっていい。
  • 失敗してもいい。
  • 人にイラっとしてもいい。
  • 未熟な部分があってもいい。
  • 後から反省したくなるようなことをしちゃってもいい。

 

人間はみんな未完成で当たり前、と思いましょう。

 

子どもだって、大人になったって、人はみんな成長途中です。毎日学んで、一歩一歩成長していくものです。

だから、わざわざその未完成さに対して、批判の言葉を投げつけたり、バカにしなくて良いのです。「なんで自分はだめなんだ!」と、責めなくて良いのです。

 

テレビを見ていたら、ネコを飼い始めたご家族が映っていました。すると、男の子が、

「ネコがトイレの外におしっこしちゃった…」

と気まずそうに報告するのに対して、男の子のお母さんが、

「いいんだよ^^」

と優しく声をかけていました。

「なにやってんの!」「ちゃんとしつけしなさい!」「さっさとふきなさい!」など言わずに優しく受け止めていて、素敵なお母さんだなと感じました。

 

だめな部分があっていい。たくさん失敗して、ひとつひとつ成長していけばいいのです。未完成な自分や他人を、優しく受けとめて、許してあげましょう。

自分の人生を生きる。他人の機嫌を取るために、自分の人生を消費しない。

自分の人生は自分のものです。他人の機嫌をとったりせず、自分の人生を生きましょう。

 

「自分の人生は自分のために使っていいんだよ。」

「自分が思うように生きればいいんだよ。」

「他人に合わせなくていいんだよ。」

と許可をしてあげましょう。

 

世の中には、色んな世論があります。

「良い会社に勤めて、仕事をすべき。」
「○歳までに結婚して、子どもを産むべき。」
「同性の恋愛は普通じゃない。」

などなど、色んな意見が飛び交っています。

 

それが、自分が本当に大切に思っている人の意見なら、ものによっては尊重しても良いかもしれません。

でも、世間一般や、周囲の人の意見を拾いすぎて、自分の気持ちを抑えるのはやめましょう。大切ではない人のために、自分を抑えて、自分の人生を消費するなんてもったいない!

 

「良い会社に勤めるのが普通」と言われても、「自分はフリーランスで仕事がしたい」のなら、そうすれば良いのです。

「同性と恋愛なんて」と言われても、同性が好きなら世間のことは気になんてしないで、同性と付き合いましょう。

 

自分の人生は、自分が心から幸せを感じるために使いましょう。

私たちの頭がスッキリしていないのは、私たちが「他人でいっぱい」だからです。

本当にやりたいことをやること。好きなことをすること。

本当にやりたいこと、好きなことをしましょう。

自分を大切にしてあげましょう。

自分の望みを叶えてあげましょう。

好きなことをさせてあげて、自分を満足させてあげましょう。

自分がハッピーになっていいんだよ、と許可をしてあげましょう。

 

「大型連休には、海外旅行に行くべき。」と言われても、「自分は家でのんびり本読むのが好き」なら、そうすれば良いのです。

「女ならピンクを着るべき」と言われても、ブルーが好きならブルーを着れば良いのです。

 

もし「でも、そう言われたらピンクにしないと…」と考えてしまうなら、それは無意識に自分の気持ちを制御してしまっている状態です。

 

自分が自分でいることを、受け入れてあげましょう。自分を大切にしてあげましょう。

自分が正しいと思うこと、自分の正義を貫く。

自分が正しいと思うことを貫きましょう。

 

友達関係や家族関係でおかしいと思うことがあったら、

「それおかしいよ。」

と伝えて良いのです。関係が崩れたり、変な目で見られることを怖がらなくて良いのです。

 

自分の気持ちを制御して、

「おかしいと思うけど…そう言ったら何か嫌われるかも…」

と、嫌々それをし続けてしまう方と、自己嫌悪を感じてしまいます。

 

全体を客観視して、本当に良いと思うことをしましょう。堂々と、自分の美学を貫きましょう。

輪のメンバーから嫌われたからといって、恐れているような実害など存在しないのだ。

批判する人がいたなら、その人は悪い人か合わない人。

客観的に見て、自分が正しいと思うことをしている場合。

批判をしてくる人や、悪口を言う人がいたら、スルーしましょう。好きに言わせておきましょう。離れていく人がいたら、放っておきましょう。

 

本当は合わっていなかった人をフィルタリングして、白黒つけられた証拠です。付き合い続けている方が、時間がもったいないです。

 

あくまで例えですが、もし「余命はあと半年」と言われたら、

「それまでの貴重な時間を、合わない人に費やしていたんだ…!」

と後悔しませんか?

 

自分の正義に自信を持って、どっしり構えましょう。そして、本当に大切な人だけを、大切にしましょう。

他人の意見は気にしない。周囲の評価は気にしない。

自分の評価は、自分のモノサシですることが大切です。

人は良い言葉も悪い言葉も、気軽に発するものです。良くても悪くても、周囲の評価で、自分の価値を決めないようにしましょう。

自分を許せない自分に気づいたら、その根っこを掘り下げる。

自分を許せない自分に気づいたら、自己分析をしましょう。

「どうして自分を許せないのか?」

「そう思ってしまう原因はこから来てるのか?」

「どうすれば自分を許せるようになるのか?」

などを、ひとつひとつ解きほぐしていきましょう。

 

例えば私の場合、上に書いた、

「人に待ってもらうことは、あってはならないこと。」

という考え方は、幼少期に親から言われた言葉からくるものでした。

 

私の母はいつもせかせかしていて、

「さっささっさしなさいよ!!」

「とろいんだよ!!このグズ!!」

としょっちゅう言っているような人でした。そのため私は、

「遅いことは悪いこと」

「遅くなったら怒られる!!」

強迫観念を持っていたのでした。

 

 

私はこれに気づいたので、自分に対して、

「そうやって責めるのは親だけだよ。他の人は誰もあなたを責めないよ。ちゃんと笑顔で待っててくれるよ。

だからあなたも、他の人を笑顔で待っててあげればいいんだよ。」

と、言い聞かせました。記憶の上書きです!

 

すると、「人に待ってもらうこと」に対する脅迫観念が徐々にほぐれていきました。誰かを待つときも、穏やかな気持ちでできるようになりました。

植え付けられた固定概念は、何歳になっても書きかえることができますよ!

「自分を許す」ためのおすすめ本。

自分に気づく心理学

わけもなく不安になる、人づきあいが苦手……あなたを苦しめる「感情」の正体を解明し、自分自身を見つめ直すキッカケを与える人生論。

他人の眼が気になってしかたがない。つい心にもないお世辞を言って後悔する。弱音を吐くことに罪悪感を感じる……あなたを苦しめる感情の「正体」は、心の奥底に抑圧された“依存症”だった。

本書は、現代人の心の深部のゆがみを、幼少期の親子関係までさかのぼって解明し、自然な感情のままに生きることの大切さを説き明かす心の手引書。

Kindleで読んだのですが、気になった部分にラインを引いていたら、ラインだらけになりました…!超絶おすすめ本です。

望んでいるものが手に入らない本当の理由

今のありのままの自分を受け取るから「変われる」「自信が持てる」「人生がうまくいく」。ありのままの自分は「長所も短所もワンセット」になっていることを知る。

自信がなくなりかけたら・人生を変えたいと思ったら、思い切ってマイナスをしっかり受け取ってみよう。

自分のだめな部分も全部ひっくるめて受け止めると、自分を許すことができるようになります。

読み進めるうちに、胸につかえがすーっとほぐれていく一冊です。

「損してもいい」。イヤなことを受け入れると、悩みや執着がすーっと消える。

「愛されて当然」と思うだけで、自分史上最高の彼がやってくる。

潜在意識が変わると奇跡が起きる!「突然、男性からちやほやされ出した」「片想いの彼が勝手に近づいてきた」「運命のパートナーに出会えた」等感動の声続々。(略)

メンタルケア本というよりも恋愛本ですが、「自分を許す」「受け入れる」という部分ではとても参考になります。

相手の言うことを100%聞けなかったとしても、喧嘩することがあったとしても、「そういうときもあるね」と自分を許してあげる。

恋愛の場面でも、恋愛の場面以外でも、役に立つ考え方が満載です。特に女性におすすめ!

まとめ。自分を許せると、生きることがすごく楽になる。

自分を許せるようになると、生きることがすごく楽になります。

私は、胸のつかえがすーっと無くなりました!

 

それまでは、胸のあたりが包帯でぐるぐる巻きにされて、常にぎゅーーーっと締め付けられているような感覚でした。

今ではそれが無くなり、かなりリラックスできて、呼吸も深くなりました。

 

「自分が許せなくなってつらい」という方は、是非これらの方法を試してみてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

★今までの私のアダルトチルドレン克服法の
ノウハウを全部つぎ込んで、
無料配布することにしました★

 

総ページ50ページ以上の大ボリュームE-bookです。

 

心の傷や生きづらさを解消して、
自信と自尊心を持って楽しく生きる方法を、
全部一冊にまとめました。

 

是非あなたの毎日を楽しく幸せにするためにご活用ください!

e-book-img