「もしかしてうちの家っておかしい…?」

「他の家庭と違うかも…。」

と思う方向けに書きました。

SPONSERED LINK

子どもは自分が悪いと勘違いしがち。

もし自分の家庭がおかしかったり、虐待家庭や機能不全家庭だったとしても、子どもはおかしさに気づけなかったり、「自分が悪いんだ。」と勘違いしがちです。

 

例えばこんな感じ。

  • 親が過干渉
    それだけうちの親は自分を愛してくれているんだ!
  • 親が厳しすぎる
    →うちの親はしっかりしつけをしてくれる親なんだ!
    →自分がだめだから、口うるさく言われるんだ。

などなどです。

例えば、永田カビ先生のコミックエッセイ『ひとり交換日記』にもこんな描写があります。

嫌なことや窮屈なことこそが「家族に愛される」ことなんだと思っていた。

“も~~~!私のことがかわいくて仕方がないんだから…♡”

私は自分の家庭がおかしいことに25年間気づかなかった。

かくいう私も、世間でいういわゆる「虐待家庭」だったにもかかわらず、25歳になるまで気づきませんでした…!

しかも、友達に言われて気づきました。あの日、友達に会わなかったら私はきっとまだ虐待され続けていましたよ!!

▶虐待は暴力だけじゃない。私は家庭の異常さと虐待に、友達の指摘で気付いた。

▶機能不全家族、毒親、虐待。母親を殺したかった娘の26年間の実体験。

 

いつも、母は、

「このブス!!このブス!!」

「だらだらしてんじゃないわよ!!」

「早く片付けなさいよ!!」

などと怒鳴っていました。

 

そして、それに対して私は、

「私はブスだから、そういう言葉を言われるんだ…どうしてこんな顔に生まれたんだろう…」

「母はちゃんと教育してくれてるんだ。私の母は、しっかりした母親!なんて素晴らしい母親をもったんだろう!」

と思っていました。今考えると恐怖です!!!怖いィイイ~~~!!

SPONSERED LINK

機能不全家庭を、自分でおかしいと気づけない理由。

他人から見たらおかしいはずの家庭でさえ、自分ではおかしいと気づきにくいものです。

その理由はいくつかあります。

生まれてからずっと同じ環境にいるため、洗脳されてしまう。

家庭というのは、生まれてから一番はじめに接する「環境」です。そのため、一番子どもに影響を与えます。

保育園、幼稚園、小学校なんて、まだまだ後の話です。

何事も一番はじめに接したものが「最初の基準」になるので、「家庭」を「普通」だと思ってしまいがちなのです。

 

だから、親から否定的な言葉を言われても、過干渉をされても、それがその人にとっての「普通」になります。

そうされることが普通だから、「親の言葉は正しい」=「自分が悪い」となります。

 

でも本当は、それは間違いで、親から否定的な言葉を言われつづけること自体がおかしいのです。

過干渉をされたりすることもおかしいのです。

 

あなたが間違ってるのではありません。家庭が間違っているのです。

自分の家庭と、他の人の家庭を比べる機会が無い。

家庭は、人と比べる機会がありません。そのため、ある程度大きくなってからも、おかしさに気づきにくいのです。

あったとしても、会話の中で家族の話が出たときや、友達の家に遊びに行ったときくらいでしょう。

 

それで他の人の家庭が、少しは分かるかもしれません。でも、表面だけで、深い部分までは分かりません。

 

他にも、テレビや映画などで見ることはできます。

小さい子も見るドラえもんやサザエさんでも、家族の風景は出てきます。

でも、私はあまり実感がわかないというか、「ああいわゆる”家庭”ね」という感じで、「作り物」という目で見ていました。

自分の家庭のおかしさを確かめる方法。

家庭はそれぞれなので、もちろん違いはあります。

でも、子どもに害があったり、心を傷つける家庭は、ちゃんと認識しなければなりません。

毒親・アダルトチルドレンチェックリスト。

こちらの本の、チェックリストがおすすめです。

▶私の親は毒親?簡単に診断できるチェックリスト66項目。

毒親、アダルトチルドレン本、参考図書。

毒親・アダルトチルドレン・機能不全家庭・虐待に関する書籍もおすすめです。

いろんな家庭の色んな事例を知ると、近いものが見つかるかもしれません。

▶毒親・アダルトチルドレン関連のおすすめ本まとめ[随時更新]

カウンセラーさんのカウンセリングはおすすめしません。

個人的には、カウンセラーはおすすめしません。

デリカシーの無い人や、軽い暴言で患者を傷つける人が、結構います…!

▶立ち上がれ!生きるのが辛くても死にたくても、自分を助けられるのは自分だけですよ。

まとめ。自分を責めちゃだめ。おかしいと思ったら、本やネットで調べてみよう。

少しでも「おかしいな。」と思ったら、まずは色々調べてみましょう。

自分を毒する環境から抜け出すきっかけになるはずです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ご案内

メインのブログ(書評、ミニマルライフ中心)

神山さとみプロフィール


おすすめ図書

26歳でアダルトチルドレン克服した私が選ぶ!AC克服におすすめな本11冊まとめ。

毒親・アダルトチルドレン関連のおすすめ本まとめ[随時更新]


人気記事

毒親の母を持つ私が、26歳でアダルトチルドレンを克服した14の方法。

もう無理しなくていい。しんどい友達や恋人と縁を切るべき4つの理由。

私の親は毒親?簡単に診断できるチェックリスト66項目。

スポンサーリンク


私が26歳でアダルトチルドレンを克服した方法を、
全部詰め込んで「無料」で配布しています!


私はこの方法で毎日が幸せいっぱいになりました。
合計100ページ以上の大ボリュームE-bookです。

是非ダウンロードして、あなたの毎日を幸せいっぱいにしてください!