• なぜか自分ばかり嫌味を言われる。
  • 自分だけ冷たくされる。
  • 気の強い人対してはヘコヘコしてる人が、自分には威張った態度をしてくる。

ということはありませんか?

 

もしかするとそれは、自分がそういう相手を招き寄せてしまっているのかもしれません。

 

いくつかのコツで、言われないようにすることができますよ!

SPONSERED LINK

嫌味を言われやすい人の特徴と、その理由。

「自信が無い人」は嫌味を言われやすい。

嫌味を言われやすい人、いじめられやすい人、それは主に「自分に自信が無い人」です。

 

例えば、

  • 自分の意見をはっきり言えない人
  • おどおどしている人
  • 強い態度の人におじけづいてしまう人

など。

嫌味を言う人の餌食にされやすい。

自身が無いと、嫌味を言う人の餌食にされやすくなってしまいます。

 

なぜかというと、このタイプの人に嫌味を言ったり、いじめたりしてもそれほど抵抗されないからです。もし、抵抗されたとしても、自分を脅かすほどではないと思われてしまうのです。

 

そうなると、「嫌味を言いたい人」にとって、格好の吐き出し口になってしまいます。丁度いいサンドバッグ扱いなのですよ…!

嫌味を言う人は、心に余裕が無い。おどおどした人を見ると、イラッとする。

また「嫌味を言いたい人」というのは、誰かに嫌味を言わないとやってられない状態、つまり心に余裕が無い状態です。

おどおどした人などを見ると、即座にイラッとします。そして、そのまま相手にイライラをぶつけるのです。

「嫌味を言いたい人」は、いつも嫌味を言う準備が万端。

「嫌味を言いたい人」は、常に嫌味を言う準備が万端です。

 

高校時代に部活で一緒だった子に、「嫌味を言いたい」タイプの子がいました。

新しい靴を買った子には「その靴安っぽい」と言ったり、太っている子には「ドラえもんみたい」などと言ったり、全部嫌味で打ち返していました。

 

空気が読めなくて、思ったことを全部口に出してるのではありません。攻撃する気満々、口に出さないと心の中でエネルギーが暴れて仕方がない、という感じでした。

 

「嫌味を言いたい人」は、「そういうことは、言っちゃいけないよ」などと、論理的に説得しても効果がありません。

いつも心にイライラの火種を持っているので、いつも嫌味を言う準備が万端なのです。

あなた自身が悪いのではない。単に嫌味を言いたい人を引き寄せ易いのである。

こういった人から嫌味を言われても、「自分ってだめなんだ…」と受け止めてはいけません。

あなたのその部分が「悪い」のではないのです。

単に、そういう人を「引き寄せてしまう」のです。

私の体験談。職場で上司から嫌がらせを受けた先輩からの嫌味。

私も以前自分に自信が無かったので、「嫌味を言いたい人」を引き寄せてしまっていました。

 

例えば、会社の1つ上の先輩(男)とこんなことがありました。

彼は上司であるチームリーダーとの関係がうまくいっておらず、度々嫌がらせを受けている状態でした。

 

一方私は、なぜかチームリーダーとうまくいっていて、あまりその被害を受けていませんでした。

すると、ある日突然その先輩から、そのチームリーダーの前で、

会社の先輩
あなたはチームリーダーを操ろうとしてる魂胆が見え見えなんだよ!俺は人を見る目がある方だけど、あなたは…人としてナイね!!

と言われたことがありました。私は、その先輩のいじめられている姿を頻繁に遠目で見て知っていたので、

神山(私)
(本当にイライラが溜まってどうしようもなかったんだな…

みんな「○○さん(先輩)、チームリーダーのストレスでどんどんやつれていってるよね…顔色ひどいね…」と言うくらいだったもんなあ…

というかあんまりこの先輩と、喋ったことないんだけど…(←余計)

と思うだけで、何も言えずに終わってしまいました。

 

チームリーダーとうまくいっている人は他にもいました。しかし、その先輩にとっては、私が一番お手頃で言いやすくて吐き出し口にしやすかったのです。

 

自信がないと、こんな風に餌食になりやすいのです。

嫌味を言う人への対策。

嫌味を言う人への対策をまとめてみました。

[解決法1]自分に自信を持つ。嫌味な人を寄せ付けない。

一番大切な解決方法は、自分に自信を持つことです。

 

「堂々としよう!」と、ふるまいだけを変えるだけでは、「嫌味を言いたい人」の態度は変わりません。

「嫌味を言いたい人」の「自信がない人」センサーは、とんでもなく敏感です。なので、ちょっとした目の動きや、言葉のつまらせ方などからも、自信のなさを察知します。

 

自分に自信が持てるようになると、振る舞いも仕草も言葉も変わってきます。

▶自信の関連記事

[解決法2]嫌なことは嫌だとはっきり言う。

嫌なことは嫌だとハッキリ伝えましょう。

 

自分の意見を言わないと、

「嫌味を言っても抵抗されないんだ」

「言い続けていいんだ」

と思われ、また嫌味を言われてしまいます。しっかり抵抗をするのです!

[解決法3]嫌味を言う人に対して、どっしり構える。

堂々と、落ち着いて、どっしり構えましょう。

 

「嫌味を言いたい人」に対して、

「そういうのっておかしいと思います!」と怒ったり、

「どうしてそんなこと言うんですか!」と嘆いたり、

「そういうことされるの、つらいんです…」と落ち込んだり、

感情的な態度で対応してはいけません。

 

友人が、

「私がこんなに荒ぶってるのに、上司が何も対応してくれない!」

と言ってたことがありました。しかしそれは逆効果で、「荒ぶっても対応してくれない」のではなく「荒ぶるから対応してくれない」のです。

 

落ち着いて、淡々と対応しましょう。

[解決法4]嫌味を適当に返す。受け流す。スルーする。気にしない。

何を言われても、適当に受け流しましょう。

 

「嫌味を言いたい人」を受け流した後、避けたりすると「自分が言った嫌味にちゃんと反応してるんだ」と思ってむしろ追いかけてきます。

逆に、距離をつめて優しくしたりすると、自分の行いを恥じることもあります。

 

例えば私の母親は、弟にばかり優しく、私にはキツく当たっていました。

しかしこれも、私が母親の嫌がらせを真面目に受け止めてしまっていたからなのです。

 

弟は何を言われても、幼い男の子らしい滑稽な行動をしたり、変顔をしていました。そのため、母親は嫌がらせをし続ける気が無くなったのだと思います。

 

弟が高校生になって、母の言葉を真面目に受け止めるようになると、母親による弟への嫌がらせもエスカレートしていきました。

[解決法5]嫌味を言う人と離れる。縁を切る。

同じ職場で関わる人なら、できるだけ関わらないように離れましょう。同じ職場でないのなら、縁を切りましょう。

 

高校時代に同じ部活にいた「嫌味を言いたい」タイプの子に、かなり悩まされていました。しかしある日別の子から、

「どうしてそんな人と付き合ってるの?」

と言われました。その通り!

 

私はハッと気付いて、「嫌味を言いたい」タイプの友達と縁を切ると、毎日がとても平和になりました。

まとめ。自信を持って強くいれば、嫌味を言われない。いじめられない。

自信を持ちましょう。堂々としましょう。

 

あなたの人生は悪い人に食い物にされるために、あるのでありません。

自分の人生は、しっかり守って、毎日楽しく過ごしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ご案内

メインのブログ(書評、ミニマルライフ中心)

神山さとみプロフィール


おすすめ図書

26歳でアダルトチルドレン克服した私が選ぶ!AC克服におすすめな本11冊まとめ。

毒親・アダルトチルドレン関連のおすすめ本まとめ[随時更新]


人気記事

毒親の母を持つ私が、26歳でアダルトチルドレンを克服した14の方法。

もう無理しなくていい。しんどい友達や恋人と縁を切るべき4つの理由。

私の親は毒親?簡単に診断できるチェックリスト66項目。

スポンサーリンク


スポンサーリンク




私が26歳でアダルトチルドレンを克服した方法を、
全部詰め込んで「無料」で配布しています!


私はこの方法で毎日が幸せいっぱいになりました。
合計100ページ以上の大ボリュームE-bookです。

是非ダウンロードして、あなたの毎日を幸せいっぱいにしてください!