休んでも疲れがとれない。体調不良の原因はストレスの自己生産かも?

The following two tabs change content below.
メンタルケア・スペシャリスト。毒母と機能不完全家庭による心の病を克服した経験を活かし、アダルトチルドレン克服法を発信中。
>>詳しいプロフィール

普通にしているだけなのにつらい。
寝ようと思っても寝つけない。
休んでいるのに疲れる。
息をするのがつらい。

もしかすると、「ストレスを自分で産みだして、自分で自分を苦しめている」のかもしれません。まさかの、自分がストレス生産機!

SPONSERED LINK

病気なの?原因不明の疲れ、だるさ、息苦しさ、不眠。

なんとなく体調不良は感じる。でも、はっきりした病名がありそうでもない。病院で見てもらっても病名がよく分からない…ということはありませんか?

私が以前抱えていた体調不良は、主にこんな感じでした。

・息苦しい。息が浅い。
・なんかしんどい。
・寝つけない。ベッドに入ってから眠るまでに3時間以上かかることもある。
・寝ても疲れがとれない。8時間寝ても、起きるとぐったり。それ以下だとさらに辛い。
・他の人よりも疲れやすい。

当時は全部「会社が忙しいし」程度に思ってました。社会人になる前から、

「身体がだるいな~重いな~」

と思ってはいたのです。でも、それくらいのだるさは、誰でもあって当たり前だと思っていました。何かの本で「だるいけれど、むしろすそれが普通だと思うようにすれば平気。」と書いてあって、「そ、そうか…私はいわゆる"痛がり"だったのかな…」と着地しました。

しかし、実は当たり前じゃなかったのです…!

ストレスから解放されたら、身体が軽くなった!

そういった「謎の体調不良」は、ストレスが無くなると、パッと無くなるかもしれません。

体調不良とは別軸ですが、私は長年自分の家庭環境に関するトラウマを克服するべく、色んなメンタルケア本を読んでいました。体調不良については、変わらずあまり気にしないままでした。すると、

自分の心をケアする度に、どんどん身体が軽くなるのを感じたのです!

病は気から、と言いますが、本当にそのとおり。

心のこじれを治して、汚れを落とす、まるで「心の断捨離」をし続けていました。で、心から「いらない悪いもの」を捨てれば捨てるほど、心も身体も軽くなっていきました。

・息がしやすくなった。息が深く吸えるようになった。
・以前より疲れにくくなった。
・ベッドに入るとすぐ寝られる。
・8時間睡眠でもと疲れがとれなかったのに、6時間睡眠でもスッキリ!
・目覚めが良くなった。

「心の変化は、目に見えないから気づきにくいんじゃないか?」

と友達から言われましたが、問題なく気づくことができます。体調がハッキリ変わるので、身を持って体感できました。

自分を責め、他人を責める癖。自分を消耗させるストレスは自分で作っていた!

自分を苦しめるそれらのストレスは、もしかしたら自分で産み出してしまっているかもしれません。

私の場合は、

・自分を責め続ける。
・どうして他の人と同じようにできないんだ、どうして自分はだめなんだ、と
・「これはだめ!」「あれはだめ!」と、自分にNGを出し続ける。
・自分の失敗やできないこと、生い立ちをずっと嘆き続ける。
・他人を責め続ける。
・他人の欠点がずっと許せない。
・過去に怒った出来事を、何年も頭の中で繰り返し繰り返し反芻して、怒り続ける。
・何で生きてるんだろう、早く死にたい、と頭の中で繰り返す。

などがありました。

その時は、苦しい、つらい、腹が立つ、という気持ちだけでいっぱいです。なので、それらの負の感情が、心と身体を消耗させてることに気づかなかったのです。

こういうことは、休んでいても、寝ていても、頭の中でぐるぐる考えてしまうので、常に自分を痛めつけているのです。そりゃ休んでも回復せず、つらいわけですね。

永田カビ先生が、こう描いていらっしゃって、「わかる…!」と思いました。

いつも以上にだるい。しんどい。
起きれない。寝れない。寝てもしんどい。

息が苦しい。息するのもだるい。胸が苦しい。
穴ぼこだらけになったような気持ち。

-一人交換日記/永田カビ

私、全然自分から大事にされてない…!

そういえば自分から「物を食べる資格ないから何も食べるな」とか「何もしないなんて許さない」とか言われた

(略)

他にも「自分は○○する資格が無い。○○したら恐ろしいバチがあたる」シリーズは今もあるしまだ気づけてない物もあると思う

作品を読むと分かりますが、永田先生もご家族との関係性などで悩まれていらっしゃいます。

私はストレスの原因を、ひとつひとつ根っこを見つけて、ほぐしていきました。

一例)▶幸せになるには「許す」ことが大切。自分を許す方法7つ。

ストレスによる体調不良の症状一覧。

ストレスによる体調不良は、様々なものがあります。心当たりを感じるものがあったら、

自分でストレスを作っていないか?
自分で自分を傷めつけて、消耗していないか?

を確認してみましょう。

【頭部】頭痛、頭重感など
【目】目の痛み、疲れ目など
【耳】耳鳴り、耳閉感など
【口】口の渇き、食べ物の味を感じにくい
【首】首の痛み、首のしれびなど
【肺】息苦しい、深く息を吸えないなど
【心臓】動悸、胸痛など
【お腹】喉の詰まり、吐き気、お腹が張った感覚、便秘、下痢、おならなど
【膀胱】頻尿、血尿、残尿感など
【皮膚】寝汗、発汗、かゆみ、じんましんなど
【四肢】手足のしびれ、脱力感、異常な感覚、冷えなど
【全身】だるさ、めまい、ふらつき、眠気、微熱など

-ストレスで生じる症状の種類と見分け方/せせらぎメンタルクリニック|精神科・心療内科

まとめ。ストレスを作らない。自分で自分を傷めつけない。

自分でストレスを産み出さなくなって、消耗することが減ると、本当に心も身体も軽くなりますよ!

自分が自分を苦しめるストレス生産機になってしまうのは、悲しい話です。ぜひ一度、自分の心と相談してみてあげてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

★今までの私のアダルトチルドレン克服法の
ノウハウを全部つぎ込んで、
無料配布することにしました★

 

総ページ50ページ以上の大ボリュームE-bookです。

 

心の傷や生きづらさを解消して、
自信と自尊心を持って楽しく生きる方法を、
全部一冊にまとめました。

 

是非あなたの毎日を楽しく幸せにするためにご活用ください!

e-book-img