同じ出来事でも感じ方は人それぞれ。何をしたかよりも、あなたがどう思ったか、何を得たかが大事。

仲間と一緒に、鎌倉に旅行に行った。
テレビで見たインドカレー屋さんでラムカレーを食べた。
久しぶりに友達と会ってお喋りをした。


誰でも毎日色んな出来事があるけれど、

何をしたかよりも、どう思ったかが大事だと思うのです。

SPONSERED LINK

友達のブログが面白い。

私はロードバイクが趣味なのですが、仲間の女性のブログが面白くて。

スイーツを食べて「美味しい~~~!」と、文字から伝わってくるくらい堪能していたり。「他の人の方がスピードが速いから、自分がお荷物みたいで、開始直後に本気で帰ろうと思った」と弱音を吐いていたり。

その人の胸の中がありありと感じられて、読むとじんわり染み渡るんです。

心の中を覗かせてもらってる感じ。

ブログからそれらが伝わってくるので、更新があるとわくわくしながらつい見ちゃうんです。

SPONSERED LINK

同じ出来事でも感じ方は人それぞれ。それが面白い!

同じ出来事でも、人それぞれ感じることって、当然違うと思うのです。

例えば「モルディブ旅行」という同じ出来事でも、感じることや、注目するポイント、切り口は人それぞれ。

ご飯が美味しかった。
日焼けが痛くて辛かった。
南国最高!次はセブ島に行こうと思った。
自分は泳げなくて楽しくなかった。


だから、ブログやTwitterとかで、色んな人がハワイ旅行のレポートを書いていたら

「○○さんの感想が面白い」「○○さんのを聞きたい」という反応になったりする。

私はそういう感じ方の違いが、とーっても面白いと思う。

(なので、このブログでも、そういった、「○○をした。それに対して自分はどう思ったか。何を伝えたいか。」という部分に特に焦点を当てて発信したいと思ってます。)

もちろん「それよりキレイな写真が見たい」とか「行った場所の詳細を細かく知りたい」という人もいると思うけれど。

(ちなみにモルディブという、「さり気なくセレブを匂わせる」チックな差し込みしましたが、行ったことはありません。記事の画像に使うのにいいなと思ったビーチの画像がモルディブだったんです…!)

まとめ。その出来事から、あなたは何を感じた?

何はともあれ、何をしたかよりも、その時どういうことを思ったかが大事だと思うのです。その出来事から何を得たかとか。

逆に、普段あまり何も感じないという人がいるなら、もっとアンテナ張って!もっとココロまわして!と思うのです。

そっちの方が楽しいよ!

ご案内

メインのブログ(書評、ミニマルライフ中心)

神山さとみプロフィール


おすすめ図書

26歳でアダルトチルドレン克服した私が選ぶ!AC克服におすすめな本11冊まとめ。

毒親・アダルトチルドレン関連のおすすめ本まとめ[随時更新]


人気記事

毒親の母を持つ私が、26歳でアダルトチルドレンを克服した14の方法。

もう無理しなくていい。しんどい友達や恋人と縁を切るべき4つの理由。

私の親は毒親?簡単に診断できるチェックリスト66項目。

スポンサーリンク


私が26歳でアダルトチルドレンを克服した方法を、
全部詰め込んで「無料」で配布しています!


私はこの方法で毎日が幸せいっぱいになりました。
合計100ページ以上の大ボリュームE-bookです。

是非ダウンロードして、あなたの毎日を幸せいっぱいにしてください!