[アダルトチルドレン克服ワーク3-2]過去のトラウマを浄化する。紙に書き出す。

「アダルトチルドレン克服ワーク」は私のアダルトチルドレン克服法をワーク形式にしたものです。

▶ワーク一覧はこちら

自分の気持ちが分かったら、今度はそれを外に出しましょう。

SPONSERED LINK

ワーク

ひとつ前のワーク、「過去のトラウマを浄化する。つらかった気持ちを認める。」で把握した自分の気持ちを、ひとつ残らず心の中から、外に吐き出しましょう。

 

使うのはノートでも、いらないコピー用紙の裏でも、なんでもOKです。

つらかった思い出を思い出すことは苦しいかもしれませんが、浄化したい記憶を、ありありと思い出してください。その時の風景とか、雰囲気とか、香りとか、当時の自分になった気持ちになってみてください。

今の自分が第三者的に過去を見るのではなく、当時の自分に重なって、当事者になってみてください。そうすると、つらかった感情がありありと引き出されるはずです。

そうしたらそのつらい気持ちを、書きやすいペンを使って、紙に書いて書いて書きまくりましょう。「つらかった」という気持ちが静まるまではき出しましょう。

同じことを10回でも20回でも、心の外に出きるまで、紙に吐き出しましょう。

数日経ったら、また気持ちがぶり返してくるかもしれません。そしたら、また気が済むまで書き出しましょう。

 

私もアダルトチルドレンを克服している最中、

「四六時中罵倒されて辛かった!!!」
「ずっと冷たくされてばかりで辛かった!優しくされたかった!」
「弟ばかり可愛がられて苦しかった!!!」

などを、それぞれ何十回もノートにびーーーっしり書きました。

「死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね」

という言葉だけで何ページも埋まったりしました。

後から見るとホラーです…!でもそれで良いのです。どんどんはき出しましょう。

トラウマひとつひとつに向き合って、辛かったという気持ちを吐き出す作業なので、一番心がえぐられる工程だと思います。私もつらすぎて、吐きそうな気持ちになることもありました。

しかし、心の傷は感情を吐き出しきって手放さないと癒えません。思う存分吐き出しましょう。

ポイント

もし「イマイチ吐き出せてないな」と思ったら、主語を「私は~」「俺は~」など、自分自身にするのがおすすめです。

「こういう嫌なことがあった」と、客観的にとらえてしまうと、つらかった気持ちがはき出しにくくなります。

「私はこういうことをされて、嫌だった」と、自分の気持ちに焦点を当てると、はき出しやすくなります。

ワークテンプレート

【1】過去の気持ちを、紙に書いて吐き出しましょう。

【2】やってみた感想。

書き方例

(参考:アダルトチルドレン克服前の2014年の神山)

【1】過去の気持ちを、紙に書いて吐き出しましょう。

【2】やってみた感想。

怒りと恨みが沸いて、頭がカーッと熱くなりながら書きなぐった。ひととおり終わった後はやる前よりもすっきりした気がする。

でも、少ししたらまた怒りがフツフツと湧いてきたので、何度か繰り返す必要がありそう。

次のワークはこちら。

次のワークはこちらです。

[アダルトチルドレン克服ワーク3-3]過去のトラウマを浄化する。声に出す。(ゲシュタルト療法)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ご案内

メインのブログ(書評、ミニマルライフ中心)

神山さとみプロフィール


おすすめ図書

26歳でアダルトチルドレン克服した私が選ぶ!AC克服におすすめな本11冊まとめ。

毒親・アダルトチルドレン関連のおすすめ本まとめ[随時更新]


人気記事

毒親の母を持つ私が、26歳でアダルトチルドレンを克服した14の方法。

もう無理しなくていい。しんどい友達や恋人と縁を切るべき4つの理由。

私の親は毒親?簡単に診断できるチェックリスト66項目。

スポンサーリンク


スポンサーリンク




私が26歳でアダルトチルドレンを克服した方法を、
全部詰め込んで「無料」で配布しています!


私はこの方法で毎日が幸せいっぱいになりました。
合計100ページ以上の大ボリュームE-bookです。

是非ダウンロードして、あなたの毎日を幸せいっぱいにしてください!