SPONSERED LINK

「何もやる気がわかない…身体が動かない…」という時は、一週間ひたすら寝る。

The following two tabs change content below.
メンタルケア・スペシャリスト。毒母と機能不完全家庭による心の病を克服した経験を活かし、アダルトチルドレン克服法を発信中。
>>詳しいプロフィール

私は以前2回ほど、
ある日突然、無気力に襲われる
ということがありました。

SPONSERED LINK

何もやる気がわかない。食べたいものが浮かばない。

何もやる気がわきません。ベッドから出るどころか、腕一本動かしたくありません。

お腹はすくのに食べたいものが全く浮かばなくて、スーパーに行っても、何も買わずにとぼとぼ帰ってくる…とりあえずグラノーラだけ1日1食食べておく、という状態でした。

当時、料理が趣味で、カレーもスパイスから作っていましたが、全くしたくありませんでした。

SPONSERED LINK

無気力の原因が分からない

無気力に襲われたことは何度かありました。1回目の原因は「なぜ今その仕事をやっているのか、分からなくなってしまった」とき。2回目の原因は、自分でも全く分かりませんでした。

私は、悩み事がある時には、ノートに書き出して分析して原因を探します。でも、全く思い当たるものがありません。とにかく「何もしたくない」としか分からないのです。大学病院でCTスキャンや脳波など精密検査をしても何も見つからず。身体のどこかが悪いわけでもありませんでした。

何か悲しいことがあったわけでもありません。突然ぷつんと切れてしまったのです。

疲れていることを、自覚していなかった。

でも、お医者さんにふと言われました。

「毎日の頑張りが溜まっちゃったんじゃない?」と。

私は、スキマ時間を有効利用したくて常に何かをやっている、という癖がありました。常に本を読んでいたり、iphoneを見ていたり、全く何もせずに休む習慣がありませんでした。

また、無理している自覚がありませんでした。自分の痛みに鈍感だったので、気づくことができなかったようです。

そのため、いつの間にか疲れが溜まっていて、しかも自覚をしていなくて、「何もしたくない…」という状況になってしまったようです。

一週間寝続けたら、動きたくてしかたがなくなった。

ちょうど仕事を辞めた後で、次の職場に入社する前だったので、一週間くらいずっと寝つづけました。とにかく「何もしない」「何も考えない」を意識して、身体を休めました。

そうしたら、一週間後、動きたくて動きたくてしょうがなくなって、また普通の状態に戻ることができました。


「疲れが溜まっているから、休む」というのは基本的なことだとは思います。でも、私のように、つい見落としてしまい、迷路に入ってしまう人はいるんじゃないかと思います。

「何もしたくない」と思った時には、身体が「何もしないで」と言っているからかもしれません。そういうときは、思いっきり休みましょう。「鬱かも?」と、メンタルの健康を考えるよりも、まず身体の健康を整えましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

★今までの私のアダルトチルドレン克服法の
ノウハウを全部つぎ込んで、
無料配布することにしました★

 

総ページ50ページ以上の大ボリュームE-bookです。

 

心の傷や生きづらさを解消して、
自信と自尊心を持って楽しく生きる方法を、
全部一冊にまとめました。

 

是非あなたの毎日を楽しく幸せにするためにご活用ください!

e-book-img