元コミュ障だけど、コミュ障の人は「コミュ障なんです」とか言ってないで改善する努力した方がいいよ。

以前、私はコミュ障でした。人と喋るときに常に気苦労をしていましたが、

「コミュ障なんだからしょうがない」
「私は、お喋り苦手なタイプ。だから、しょうがない」

って思っていました。また、

「私、人見知りだから、ごめんね!」

と先手を打って、大目に見てもらえるよう、「苦手なんで許してください」といわんばかりに先に白旗をあげておいたりしていました。

でも、色々コミュニケーションスキルを改善して、人と喋るのが不得意じゃなくなって、感じたんです。

やっぱコミュ障ないわ。

と。人間界で行きていけないわ。
コミュニケーションスキルは必須だわ、と。

ほんとにね、コミュ障、人見知りって損ですよ。私は、コミュ障時代に絶対戻りたくないですもん。

そして、普通に人と喋れるようになった今の気分。サイッコーですよ!!

SPONSERED LINK

どんなに思っていても、言葉にしなければ意味が無い。

いくら思っていても届かない
声にしなきゃ 動き出さなきゃ

どんなにチャーシューメンが食べたいと思っていても、ラーメン屋に入ってもやし炒めと言ってしまったら、もやし炒めがでてくる。

たいていのことは、そうやって口に出した言葉で決まってしまう。だから好きな人には、好きと言わないといけない。

これらの言葉が、本当にそうだなと。

心の中で何をどんなに考えていようと、口に出した言葉が全てです。(今回は外見や、ジェスチャーの話はおいといて。)

だから、思っていることは抽象的なもやもやした気持ちでも、ちゃんと言葉で表現できなきゃいけないし、それを口に出して相手に伝えなければいけません。

誰かを「好きだな」「かっこいいな」「可愛いな」って思っていても、相手に何も伝えなければ正しく伝わりません。

友達に対して、いらいらする…!いらいらする…!と思っても、

「○○ちゃんって本当に意味不明!関わりたくない!」

とだけ言ってしまったら、相手には「意味不明」「関わりたくない」としか伝わらないのです。相手も何で怒っているのか理解できず、自分のいらいらも解消されず、どんどんかみ合わなくなっていきます。

ちゃんと言葉にして、

「自分でHPを作れないのに、『さとみ(私)がやってくれるから』って無断でフットサルサークルのHP作りを引き受けて、何でHP作ってくれないの!って逆ギレするのおかしいよ。私大学違うし、そのサークル入ってないし、そもそも何も聞いてないよ。」

などなど、相手に伝えるべきなのです。(ちなみに、お察しかと思いますが、この出来事は私の実体験です。)

私は以前コミュ障だった。人見知りだった。苦しかった。

以前の私は、自分の考えをちゃんと言葉にして伝えることができず、しょっちゅうトラブルが起きていました。

思ってることが言えなかったりもやもやが積み重なっていくし。自分の気持ちをちゃんと伝えられないから、しょっちゅう誤解をされます。

その場その場で小出しにできないから、ストレスが溜まって突然爆発して、相手に今まで嫌だったことを突然まとめてぶつけてしまうし。

人と喋る時はずーっと緊張して胸が張り詰めるから、さよならした後どっと疲れます。

あーやっと業務終了だ…そんな気分でした。

大学の時は、語学のクラスの飲み会で、

「○○君は、サークル何入ってるの?」

って聞いて、ひとおりその話題について話したにも関わらず、気持ちがテンパってるせいで頭が真っ白になってしまい、

「サークル何入ってるの?」

と同じ内容をすぐ後に聞いてしまうという、超絶恥ずかしいこともよくしました。

人って、テンパると意味分かんないこと、たくさんやっちゃうし、言っちゃいます。

コミュニケーションスキルをつけたら世界が変わった!かなり楽になった!

しかし、色々試行錯誤していき、今ではコミュニケーション能力がだいぶ改善されました。

すると、本当に気持ちが楽になったのです。

自分の気持ちを言葉にして、ちゃんと伝えられるので、いわゆる「コミュニケーションロス」がかなり減りました。相手とちゃんと気持ちがかみ合って、いつもすっきりした状態でいられます。

人と一緒にいても、無理なく喋れるし、テンパらず、リラックスしていられます。そのため、人といるのが苦じゃなくなりました。

以前は、スケジュールアプリを見て、ランチや飲みが入っていると「うーわ…」とどんよりした気持ちになっていましたが、そういうことも無くなりました。無理に会話を繋げようとすることも無くなりました。

以前のコミュ障の時とは雲泥の差です。ほーんと楽です。幸せ!!

「自分の気持ちを言葉にするのが苦手なんですー。言語化能力低いんですー。」

と、開き直るのは楽です。過去の私はこんな感じ(↑)でした。しかし、コミュニケーション力の無さを放っておいたら、どんどん苦しくなって、人と関わるのが嫌になってしまいます。

コミュニケーション能力は、人と関わって生きていくなら、必須ですよ!

コミュニケーション能力。自分の気持ちを伝える力、重要ですよ。

「伝え方が9割」というベストセラー本がありましたが、本当にその通り。「どう表現したか」、本当に大切です。

コミュ障の人は「コミュ障なんです」とか言ってないで、死ぬ気で改善する努力した方がいいですよ。

世界が変わりますよ。ほんっとーに心が楽になりますよ。(手始めに、会話本や、営業本や、アガらない方法本などを片っ端から読むのがおすすめです。)

とりあえず、今回はここまで。私がコミュニケーションスキルをつけた具体的な方法は、また後日書きます。

ご案内

メインのブログ(書評、ミニマルライフ中心)

神山さとみプロフィール


おすすめ図書

26歳でアダルトチルドレン克服した私が選ぶ!AC克服におすすめな本11冊まとめ。

毒親・アダルトチルドレン関連のおすすめ本まとめ[随時更新]


人気記事

毒親の母を持つ私が、26歳でアダルトチルドレンを克服した14の方法。

もう無理しなくていい。しんどい友達や恋人と縁を切るべき4つの理由。

私の親は毒親?簡単に診断できるチェックリスト66項目。

スポンサーリンク


私が26歳でアダルトチルドレンを克服した方法を、
全部詰め込んで「無料」で配布しています!


私はこの方法で毎日が幸せいっぱいになりました。
合計100ページ以上の大ボリュームE-bookです。

是非ダウンロードして、あなたの毎日を幸せいっぱいにしてください!