小学校の授業の、

「自分の名前の由来を、両親に聞こう!」
「自分が生まれた時のことを、両親に聞こう!」
「お母さんからの手紙」


などなど。

あれマジで本当に恐ろしい。

虐待を受けてる子どもの心をえぐりにかかってる、って思ってます。授業のカリキュラム的に、早急に改善して欲しいです。

SPONSERED LINK

「家族」を学ぶ大切な授業ではある。

勿論、「家族」「親子」を学ぶ大切な授業ではあるでしょう。

どんな風に愛されて自分が生まれてきたのか。両親に対する感謝。何を想ってその名前をつけてもらったのか。

でも、それって「愛情がある家庭」が前提なんですよ。

SPONSERED LINK

機能不全家庭では、普通に話すことも難しい。

私は母が毒親だったので、家では四六時中罵倒されて過ごしていました。

【補足~初めてこのブログを読む方向け~】
私は、今では毎日前向きに幸せいっぱいに過ごしています。しかし、私の母は、心理的虐待を行う毒親でした。私は、毒母から受けた四六時中続く罵倒などによる心の傷に苦しみ、生きづらさを抱えるアダルトチルドレンになったものの、26歳の時に克服した、という経緯があります。▶詳細はこちら

だから、普通に話しかけることすら難しいんです。名前の由来を聞く?生まれた時のことを聞く?いやいやいやいや、バカなこと言わないで下さい。無理に決まってるでしょ。

そもそも「髪をひっぱって痛くしないで」さえ、言えてないんだから。

SPONSERED LINK

私はこの類の授業が辛かった。

「家族を学ぶ」系の授業は、私のクラスでは小学校三、四年生の時にありました。

私は「名前の由来を聞く宿題」は、漢字の意味からテキトーに考えて授業で発表しました。(実際は私も弟も、占いで決めたそうです。)

「生まれた時のこと」は「んー聞いたけどよく分かんなかったあ。」とごまかしました。

一番心をえぐられた「お母さんからの手紙」

これ関連の授業で一番辛かったのは「お母さんからの手紙」でした。

小学校の授業で、突然クラスの全員に手紙が配られました。一人一人違う、色とりどりの手紙です。先生が親御さんに頼んで書いてもらった手紙です。サプライズです。

私の手紙は薄いピンク色の封筒に入っていました。封筒を恐る恐る開けました。他の子よりも分厚くて、ずっしり重くて、枚数も倍以上ありました。

内容は、愛情に溢れたものでした。

どれだけ毒母が私を想っているか。私が生まれつき持っている心臓病を、どれだけ毒母が心配しているか。(オペ済なので今は普通の生活をしています。)どんな気持ちで毒母が私を育ててきたか。

私は大泣きしました。

普段、毒母に四六時中罵倒されて、冷たい態度しかとって貰えてなかったから。突然ぽーんと愛情を手渡されて、びっくりして、でも嬉しくて。温かさが一気に広がった気分でした。

「お母さんはいつも怒ってるけど、私はちゃんと愛されてたんだ」
「よかった…お母さんは私のことを嫌いじゃなかったんだ…」

と、大泣きしながら帰りました。

でも、喜んだのは大間違いでした。「ぬか喜び」ってこういうことを言うのだと思います。

一瞬でも毒母の愛情に気持ちを委ねた私がバカでした。

毒母からの扱いは
変わらなかったのです。

四六時中続く罵倒、冷たい態度。私の喜びは、6時間も保ちませんでした。突然持ち上げられて、再度地面に叩きつけられた気持ちでした。

私は手紙を捨てました。封筒を見るだけでも胸がえぐられる気分でした。私には呪いの手紙にしか見えませんでした。

クラスには離婚家庭の子も多くいた。

私のクラスには離婚家庭の子が多くいました。

離婚=片親=家庭環境が悪い、と決めつけるのは良くないかもしれません。とはいえ、両親が揃っていたとしても、うちの家庭のような機能不全家庭もあります。離婚家庭は、もっとその可能性があるんじゃないかなと思うのです。

「家族」を学ぶ授業は、そういう家庭がある前提で設定されてるのでしょうか?

多分考慮されてないと思います。考慮されているとしても、「それをやることで、子どもがどんな気持ちになるか」までは、全く考えられてないのではないでしょうか。

まとめ。

ちなみに、小学校時代の友達がこの時のことを今でも覚えていてくれて、最近(社会人6年目くらい)喋ったときに、

「他のクラスメイトが泣いてさえいない中、神山のボロ泣きしてる姿は異様だった。」
「そんなに感動することが書いてあるのか?!ってびっくりしたけど、そんなことはないと思う。きっと、虐待の背景があったから、神山はそういう反応になったんだね。」

と言われました。そのとおりです。

色んな家庭がある中で、この授業が皆等しく行われるのは本当に残酷です。

・「家族」を学ぶ授業は、機能不全家庭、離婚家庭がある前提で考えるべき。
・安易な「家族」を学ぶ授業は、子どもの心をえぐる。深い傷を作ることになる。


これらの授業は、早急に考え直してほしいと思います。

 

▼毒親・アダルトチルドレン関連書籍はこちらにまとめてあります。是非読んでみてください!

ご案内

メインのブログ(書評、ミニマルライフ中心)

神山さとみプロフィール


おすすめ図書

26歳でアダルトチルドレン克服した私が選ぶ!AC克服におすすめな本11冊まとめ。

毒親・アダルトチルドレン関連のおすすめ本まとめ[随時更新]


人気記事

毒親の母を持つ私が、26歳でアダルトチルドレンを克服した14の方法。

もう無理しなくていい。しんどい友達や恋人と縁を切るべき4つの理由。

私の親は毒親?簡単に診断できるチェックリスト66項目。

スポンサーリンク


私が26歳でアダルトチルドレンを克服した方法を、
全部詰め込んで「無料」で配布しています!


私はこの方法で毎日が幸せいっぱいになりました。
合計100ページ以上の大ボリュームE-bookです。

是非ダウンロードして、あなたの毎日を幸せいっぱいにしてください!