アダルトチルドレンを克服するには、まず、

毒親と離れましょう。

【補足~初めてこのブログを読む方向け~】
私は、今では毎日前向きに幸せいっぱいに過ごしています。しかし、私の母は、心理的虐待を行う毒親でした。私は、毒母から受けた四六時中続く罵倒などによる心の傷に苦しみ、生きづらさを抱えるアダルトチルドレンになったものの、26歳の時に克服した、という経緯があります。▶詳細はこちら
SPONSERED LINK

毒親との絶縁は一番の毒親対処法。何よりもまず、自分の身を守る。

自分の幸せがガンガン削られてるのに、その不幸の元凶を抱きしめたままでいる場合ではないのです。

 

アダルトチルドレンを克服しようとしても、毒親からの毒を受け続けたままでは、心の傷の回復はかなり難しくなります。

殴られてできたアザを治そうとしても、同じ場所を殴られ続けていたら、いつまで経ってもアザは消えませんよね。一旦、殴られない場所まで、避難する必要があります。

 

まずは自分の身を、自分の幸せを守りましょう。

毒親への依存を断ち切る。

私も「毒母がしんどい」と思っていましたが、社会人になってもなんだかんだ離れられずにいました。

私の場合は、執着以上に「惰性」が強かったと思います

 

「自分を幸せにする!」「縁を切る!」と一歩踏み出す勢いがなかったせいでした。

 

傷ついてズタボロになっているのに実際に踏み切れないのは、自分が親に依存しているせいじゃないでしょうか?

散々傷つけられたにも関わらず、まだ親からの愛を期待していたりしませんか?

 

毒親と一緒にい続けることで、自分の人生が幸せになるか、もう一度考えてみましょう。

「幸せになれない」と思うのなら、まず毒親から離れましょう。

隠された依存性を持つ者同士は、傷つけあいながらも、相手に依存しようとしているから別れることができない。

毒親と離れる方法。

引っ越す。

同じ家に住んでいるなら、すぐに引っ越しましょう。近所に住んでいるなら、離れたところに引っ越しましょう。

家具を引っ越しトラックに積む段階でごたごたしそうなら、突然バッグひとつで夜逃げして良いと思います。

とにかく毎日の生活から、毒親を切り離しましょう。

会わない。

毒親が会いたがっても、拒否しましょう。

毒親から淋しがられたり、自分が悪かったなどと言われるかもしれません。

しかし、同情したり、罪悪感を感じて会ってしまうと、相手に、「なんだかんだ自分の要望を聞いてくれるんだな。」と思わせてしまいます。

きっぱり拒否をしましょう。

連絡をとらない。(電話、メール、LINEなど。)

連絡はとらないようにしましょう。

「全く連絡をとらないようにすると、逆上されるかもしれない。と、しぶしぶ連絡をとるのもおすすめしません。

これもまた相手に「逆上すれば言うことを聞いてくれる。」などと思わせてしまいます。

相手から連絡が来るなら全て着信拒否、それでも連絡がくるなら、電話番号やメールアドレスは変えるなどしましょう。

第三者を交えて、話し合いをする場を設ける。

しつこく連絡をしてきたり、引っ越しをしても家に押しかけてきたり、逆上をしたりしている相手の場合。

本気で暴力をふるったり、傷つけようとしているのではなく、ただ自分のワガママを聞いて欲しい、かまって欲しい、という相手の場合は、第三者を交えて話し合いをする場を設けましょう。

 

恥ずかしい気持ちがわいて、しつこくつきまとうのをやめるかもしれません。

また、相手と自分・味方の親族などだけだと、「相手と複数」という状態になり、話し合いではなく、相手を複数人で責める形になってしまいます。

親戚など、第三者を交えて「話し合い」をして、相手に理解してもらいましょう。

 

と、一応対策として書きましたが、私は話し合いをしても毒親は変わらない、と思っているので、あまりおすすめはしません。

警察・児童相談所・公的機関に相談する。

自力では縁を切ることができなかったり、毒親が逆上したり、身の安全が危険にさらされそうな場合は、警察・児童相談所・公的機関などに相談しましょう。

「虐待かな?」と思ったら・・・。 東京都福祉保健局

第3章 通告・相談への対応|厚生労働省

 

実際に動いてくれるかは定かではありませんが、とりあえずできることはしましょう。

トラウマ返しをする。

離れる際に、毒親に「縁を切ってやる!」と罵声を浴びせたり、今までの気持ちを手紙書いたものを渡したりして、離れるのも良いと思います。

それで気持ちがいくらか晴れるなら、存分にすっきりしましょう。今までされたことを考えれば、それくらいはしても足りないくらいです。

必ず絶縁しなければいけない?距離を置くだけじゃだめ?

絶縁すべきか、距離を置くだけでも良いかは、その家庭の状況や、その人次第だと思います。

 

親がやや過干渉だったり、家庭内がなんか冷たい、など、比較的軽度の場合は、距離を置くだけでも良いでしょう。

例えば、「普段関わらないようにして、冠婚葬祭のときだけ顔を合わせても良いようにする」なども、アダルトチルドレン克服や自分の幸せに影響が無いのならアリです。

 

暴力や、激しい罵声、親戚内で殺人事件があるなど、程度がひどい場合は、絶縁をおすすめします。とにかく身の安全を確保しましょう。

私の毒親絶縁方法。私は今までの嫌だったことを、長文メールで送った。

私は社会人になってから一人暮らしをしていました。そこで、毒母に今まで苦しめられたことを長文メールにして送り、縁を切りました。

(メール一通程度じゃ全部収まらなかったので、メールにできたのは、ごく一部でしたが。)

 

ちなみに、毒母からは「うるさい」という四文字だけが返ってきました。その後は話してません。

まとめ。アダルトチルドレンを克服したいなら、今すぐ毒親と絶縁しよう。

方法はなんでも構いません。

「幸せになりたい」

と本気で思うのなら、とりあえず、毒親と今すぐに縁を切りましょう。現状を変えたいと思うなら、まずは環境を変えましょう。

 

▼私がアダルトチルドレン克服でお世話になった本はこちら。是非読んでください!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ご案内

メインのブログ(書評、ミニマルライフ中心)

神山さとみプロフィール


おすすめ図書

26歳でアダルトチルドレン克服した私が選ぶ!AC克服におすすめな本11冊まとめ。

毒親・アダルトチルドレン関連のおすすめ本まとめ[随時更新]


人気記事

毒親の母を持つ私が、26歳でアダルトチルドレンを克服した14の方法。

もう無理しなくていい。しんどい友達や恋人と縁を切るべき4つの理由。

私の親は毒親?簡単に診断できるチェックリスト66項目。

スポンサーリンク


スポンサーリンク




私が26歳でアダルトチルドレンを克服した方法を、
全部詰め込んで「無料」で配布しています!


私はこの方法で毎日が幸せいっぱいになりました。
合計100ページ以上の大ボリュームE-bookです。

是非ダウンロードして、あなたの毎日を幸せいっぱいにしてください!