SPONSERED LINK

毒親のハズレクジを引く人は誰かしらいる。諦めて自分で幸せを創ろう。

The following two tabs change content below.
メンタルケア・スペシャリスト。毒母と機能不完全家庭による心の病を克服した経験を活かし、アダルトチルドレン克服法を発信中。
>>詳しいプロフィール

「毒親ではなく、優しい親の元に生まれたかった」
と思ったことはありませんか?

私はめっちゃあります。

首がちぎれるほど頷きます。

【補足~初めてこのブログを読む方向け~】
私は、今では毎日前向きに幸せいっぱいに過ごしています。しかし、私の母は、心理的虐待を行う毒親でした。私は、毒母から受けた四六時中続く罵倒などによる心の傷に苦しみ、生きづらさを抱えるアダルトチルドレンになったものの、26歳の時に克服した、という経緯があります。▶詳細はこちら
SPONSERED LINK

そもそも「素敵な親に必ず当たる」わけではない

私は、人として最低ラインはクリアした親の元で生まれたかった、と思っています。
ただ、「毒親は嫌」とは思っても「素敵な親」を求めるのは期待しすぎだと思うのです。

どの親も未熟な人間だし、子供を持つことで親も成長をします。
最初から「素敵な親」である人は、ごくわずかではないでしょうか。

もちろん「親=不完全なもの」 だとしても、
毒親に苦しめられた出来事は受け入れられないかもしれません。

ただ、親になる人が大勢いる中、
毒親に当たってしまうことはどこかしらであります。
「素敵な親に必ず当たる」わけではないのです。

「ハズレクジ」を引いてしまう人はどこかしらにいる。

大迷惑ではありますが「毒親の元に生まれる」という
「ハズレクジを引いてしまう人はどこかしらにはいる」わけです。
確率的な意味で、しょうがないと割り切るしかないと思うのです。

(※親を「ハズレクジ」と呼ぶことを「失礼だ」という方もいるかもしれません。
ただ、苦しめられた過去をふまえ、毒親に対してそう言うのは全く失礼だとは私は思いません。)

毒親の元に生まれてしまっても、大丈夫。

でも、毒親の元に生まれ、アダルトチルドレンになってしまったとしても、
幸せになる方法はちゃんとあります。

親とは切り離したところで、ひとつひとつ自分を幸せにしていきましょう。

毒親の母を持つ私が、26歳でアダルトチルドレンを克服した11の方法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

★今までの私のアダルトチルドレン克服法の
ノウハウを全部つぎ込んで、
無料配布することにしました★

 

総ページ50ページ以上の大ボリュームE-bookです。

 

心の傷や生きづらさを解消して、
自信と自尊心を持って楽しく生きる方法を、
全部一冊にまとめました。

 

是非あなたの毎日を楽しく幸せにするためにご活用ください!

e-book-img