SPONSERED LINK

常に何事も腹落ちした状態でいること

The following two tabs change content below.
メンタルケア・スペシャリスト。毒母と機能不完全家庭による心の病を克服した経験を活かし、アダルトチルドレン克服法を発信中。
>>詳しいプロフィール
human-732254_1280

常に何事も腹落ちした状態でいること。

私が昔も今も意識していることが、これです。

【補足~初めてこのブログを読む方向け~】
私は、今では毎日前向きに幸せいっぱいに過ごしています。しかし、私の母は、心理的虐待を行う毒親でした。私は、毒母から受けた四六時中続く罵倒などによる心の傷に苦しみ、生きづらさを抱えるアダルトチルドレンになったものの、26歳の時に克服した、という経緯があります。▶詳細はこちら
毒親育ちで苦しいかもですが、苦しいと思っている時って「自分はこの苦しい人生を生きていくぞ!!」なんて思っていないわけですよね。当然ですが。

「苦しいなあ…」
「なんでこんな親の元に生まれてしまったんだろう…」
「だから私は不幸なんだ…」
みたいに思っていると思います。当然ですがw

「苦しいと思っている状態」も苦しいですが、意外と辛いのが「もやもやしている状態」です。苦しいと思うなら、

じゃあ自分はどうするか?
カウンセリングに行くの?
毒親本を読むの?
友達に相談するの?

どうしたいの?
どうするの?

腹落ちした状態じゃないと、何事ももやもやするし、その状態こそが苦しい状態を作ります。言葉にも、生きる姿勢にもエネルギーが入りません(´・ω・)毒親関連じゃなくても、例えば

「旅行行きたいなーでもお金がないなー」

という願望も、そのままではもやもやしたままです。

「お金貯めることを優先して行かないことを決める」
「お金を親とかに借りてでも行くことを決める」

どっちにするのか。

ひとつひとつ決断していくこと、大事です。腹落ちした決断が、自分のエネルギーになります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

★今までの私のアダルトチルドレン克服法の
ノウハウを全部つぎ込んで、
無料配布することにしました★

 

総ページ50ページ以上の大ボリュームE-bookです。

 

心の傷や生きづらさを解消して、
自信と自尊心を持って楽しく生きる方法を、
全部一冊にまとめました。

 

是非あなたの毎日を楽しく幸せにするためにご活用ください!

e-book-img