「毒親は、弟/妹/姉/兄のことは可愛がっていた。」
「毒親は、自分だけを虐待した。」
「えこひいきが辛かった。」
「可愛がられる兄弟が憎かった。」

そう感じたことはありますか?私はそうでした。

私には四歳年下の弟がいます。いつも毒母に可愛がられていました。憎くて憎くてたまりませんでした。

でも最近になって初めて知りました。弟は弟で毒母から心にを負わされていたのです。それを知って「私だけじゃなかったんだ…」と感じました。申し訳ないですが、気持ちがとても軽くなりました。

SPONSERED LINK

「弟/妹/姉/兄ばかり…」と思うのは、実は誤解かもしれない。

【補足~初めてこのブログを読む方向け~】
私は、今では毎日前向きに幸せいっぱいに過ごしています。しかし、私の母は、心理的虐待を行う毒親でした。私は、毒母から受けた四六時中続く罵倒などによる心の傷に苦しみ、生きづらさを抱えるアダルトチルドレンになったものの、26歳の時に克服した、という経緯があります。▶詳細はこちら

「兄弟のことが憎い。」と思っているなら、とりあえず確かめるのがおすすめです。その憎しみは、誤解かもしれないからです。

直接本人に聞く。(聞きづらいかもしれませんが。)
親戚に聞く。

などなど、色々方法はあります。

ちなみに、私は叔母(父の姉)から聞きました。

SPONSERED LINK

幼少期、毒母は弟ばかり可愛がっていた。

毒母は私にはきつくあたっていました。しかし、弟のことは可愛がっており、いつも優しく接していました。

小さかった私は、一度「弟ばかり可愛がってる!!」と泣き叫んだ覚えがあります。父も毒母を「弟ばかり可愛がってる」と怒ったことがあります。

しかし、母は逆ギレをするだけで、態度は特に変わりませんでした。

私 が大人になってから、毒母が私に「あんたの父親に弟ばかり可愛がってるって言われたけど、私はそんな不公平な人間じゃない!」と言ったことがありました。

本気で思っているのか、思い当たる部分があって自分の過ちを弁解したいのか分かりません。私の予想ですが、多分後者だと思います。

→過去記事引用)機能不全家族、毒親、虐待。母親を殺したかった娘の26年間の実体験。

私は弟が憎かった。できれば死んで欲しかった。

私は弟が憎くて憎くてたまりませんでした。「できれば死んで欲しい」と心の底から思っていました。

悪ぶって、過激な言葉を使ってるわけではありません。自分は人生が台無しになるほど、毒親から言葉の暴力を受けていました。その心の傷が深すぎて、どうしてもそう思ってしまっていたのです。

弟に物を投げつける。

私は、弟が憎くてたまりませんでした。

さらに、小さい男の子はそもそもやんちゃです。泥だらけの手をしたまま寄ってきたり。物を取ろうとしたり。「プシューー!!」と言いながらプラレールをぐいぐい押し付けてきたり。それらも、私の気持ちを逆なでしました。

「憎い。」「うざい。」と思っていました。

そのため、私は弟に「あっちいけ!!」と、しょっちゅう物を投げていました。

弟に刃物を向けたこともある。

憎くて憎くてたまらなかったので、刃物を向けたこともあります。

私が小学校低学年の時、一度ハサミで弟の手の甲を切りました。ハサミが古くてさびていたため、幸い少し血が出る程度でした。

当時の私はもっとざっくり切りたかったし、できれば甲以外も切りたいと思っていたと思います。でも、切れ味が悪かったため、それだけで終わりました。

高校生になってから、弟が母親と仲が悪くなる。

中学までおとなしかった弟ですが、高校生になって反抗期状態になりました。いつの間にか、母と弟は険悪な状態になっていました。

私は今までえこひいきが辛かった分、「ざまあ。」と思って見てました。

実は弟もトラウマを負っていた。

とはいえ25歳になるまで、私は弟を憎み続けました。母と弟は険悪なムードのままでしたが、「心に傷を負わされた」のは自分だけだと思っていたからです。

でもある日、叔母がポロッと言いました。

「○○(弟)がね、『一度、母親と話さなきゃ、俺は結婚できない。』って言ってたのよ~。」

私はびっくりしました。ナンデ?結婚式に親が出せないから?

実は弟は母に「勉強しろ!!」と言われ続けていた。

実は、弟は母に「勉強しろ!!」と怒られ続けていたのでした。私は全く知りませんでした。叔母から聞いた話では、まるで、私が受けた四六時中続く罵声のようなニュアンスでした。

しかも、最終的には弟が母に胸ぐらを掴まれ、父が止めに入る、という事件があったようです。その日から、二人は口を聞かなくなったのでした。

それにより、弟も弟で心の傷を負っていたようです。そのため、「一度、母親と話さないといけない。話して心の傷を癒やさなきゃ、俺は結婚できない。」と言っていたようでした。

弟の心の傷を知って、私の心は癒やされた。

叔母から話を聞いて、私の心はスーッと楽になりました。申し訳ないですが、そう感じました。

今まで憎んでたけど、弟も心に傷を負っていたんだ。私だけじゃなかったんだ。弟ばかり可愛がられてる、って思ってたのは、事実の一部だったんだ。と理解しました。

まとめ

まとめです。

・幼少期、私の毒母は弟ばかりを可愛がっていた。
・実はその後、弟も毒母に心に傷を負わされていた。
・心に傷を負ったのは自分だけじゃないと知り、私の気持ちは楽になった。
・誤解があるかもしれないので、確認をするのがおすすめ。

「弟/妹/姉/兄が憎い」と思う方もいるかもしれません。でも、もしかしたら、それは誤解かもしれないのです。

私は、弟の事実を知って、「今までの憎しみは何だったんだろう。」「エネルギーの無駄遣いだな。」と思いました。

もし、そういった気持ちをお持ちでしたら、一度確認してみることをおすすめします。また違う面も見えてくるかもしれません。

→こちらもおすすめ)
毒親の母を持つ私が、26歳でアダルトチルドレンを克服した11の方法

 

▼毒親・アダルトチルドレン関連書籍はこちらにまとめてあります。是非読んでみてください!

ご案内

メインのブログ(書評、ミニマルライフ中心)

神山さとみプロフィール


おすすめ図書

26歳でアダルトチルドレン克服した私が選ぶ!AC克服におすすめな本11冊まとめ。

毒親・アダルトチルドレン関連のおすすめ本まとめ[随時更新]


人気記事

毒親の母を持つ私が、26歳でアダルトチルドレンを克服した14の方法。

もう無理しなくていい。しんどい友達や恋人と縁を切るべき4つの理由。

私の親は毒親?簡単に診断できるチェックリスト66項目。

スポンサーリンク


私が26歳でアダルトチルドレンを克服した方法を、
全部詰め込んで「無料」で配布しています!


私はこの方法で毎日が幸せいっぱいになりました。
合計100ページ以上の大ボリュームE-bookです。

是非ダウンロードして、あなたの毎日を幸せいっぱいにしてください!